東京と埼玉の境目の街比較①足立区vs草加市

LINEで送る
Pocket

首都圏は場所によって色が濃く、どの街に住むかは今後の生活に大きな影響を与えることになります。もちろん、年収が高く生活に余裕がある人であれば悩むことなく都内中心部に住んだ方が良いでしょう。しかし、年収がそこまで高くなく、東京の外れか東京都外のどちらかで悩む人も少なくないはずです。

上京したての人なら「やっぱり都内がいい!」と思うかもしれませんが、限りなく都内に近い埼玉県の方が幸せだったりするとかしないとか。多くは荒川や毛長川によって東京と埼玉は分断されていますが、この川を超えるだけで土地代が倍以上違ったりと大きな違いがあります。

今回は東京の東に位置する足立区とその境目にある埼玉県草加市を比べて見ましょう。

草加の地価は足立の半分以下

1坪あたりの土地価格と一戸建ての平均的な土地の広さである50坪あたりの平均土地価格をまとめました。

土地価格 足立区北千住 足立区竹ノ塚 草加市谷塚 草加市獨協大学前
1坪あたり平均 202万円 104万円 44万円 42万円
50坪あたり平均 1億100万円 5200万円 2200万円 2100万円

参照:https://tochidai.info/

同じ足立区の中でも北千住と竹ノ塚は土地価格が倍以上違いますがそれはなぜでしょう?理由の1つとして北千住エリアは5路線も通っている交通の便がとても良い人気エリアです。

具体的には、

  • 文京区エリアを通って芸能人御用達の代々木上原へ向かう地下鉄千代田線
  • 大手町・表参道・渋谷方面へ向かう地下鉄半蔵門線直通東武伊勢崎線
  • 銀座・六本木・中目黒方面へ向かう地下鉄日比谷線
  • 上野方面・茨城方面へ向かうJR常磐線
  • 筑波方面へ向かうつくばエクスプレス線

が通っています。北千住は終電が12時半頃まであるので比較的便利ですが、北千住以北の竹ノ塚、草加の終電は12時前後になるので多少は不便です。

ファミリー層にオススメな獨協大学前駅

草加市内の住まいとしては獨協大学前駅をオススメします。理由としては、

  • 駅前の施設が充実
  • 学校が密集している

が挙げられます。

駅前の施設が充実

獨協大学駅前は再開発が進められており、駅前は整備されています。

  • 小児科などの多くの病院や歯科医院
  • 駅すぐにある市立図書館

さらに、多くのチェーン店があるので一人暮らしにも向いています。

学校が密集している

駅から徒歩5分圏内には保育園が6つ、小学校、中学校、大学があります。

人口の割に保育園が多いので、待機児童率は隣の足立区と比べても圧倒的に低いです。

◯足立区と草加市の待機児童率

足立区 草加市
0歳児 20.9% 1.3%
1歳児 55.9% 3.5%
2歳児 20.3% 1.3%
3歳児 2.1% 2.8%
4歳児 0.6% 0%
5歳児 0.2% 0%

出典:草加市HP、足立区HP

治安は足立草加どちらも変わらず

犯罪発生率は変わらないのですが、足立区の方が人口が多い分、犯罪件数自体も多くなっています。

◯平成27年度犯罪発生率

足立区 草加市
犯罪認知件数 6939件 2909件
人口 67万8623人 24万7464人
犯罪発生率 1.0% 1.0%

参照:警視庁,埼玉県警,足立区役所HP

アクセスは足立区が有利

先述した通り、足立区は5路線も介している北千住駅があるので、万が一終電を逃しても北千住からタクシーで帰るということは可能です。

しかし、草加市は東武伊勢崎線の1本しか走っていないので北千住で終電を逃すとタクシー代が「万」を超えてしまいます。

また、東武伊勢崎線は比較的人身事故が多い路線で、電車が動かなくなった時、草加市民はただただ待つことしかできませんが、足立区民は振替輸送で動くことができます。

まとめ

土地の値段で見ると草加市に軍配が上がりますが腐っても都内、足立区はアクセス面で圧倒的有利です。改めて家を選ぶのは難しいな、なんて思わされますが、重要なのは家選びだけでなく住宅ローン選びも同じことです。

最適な住宅ローンを利用したいならまずはWhatzmoneyにご相談ください。

あなたにとっての最高条件の住宅ローンを紹介させていただきます!

LINEで送る
Pocket

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる