最初に借り入れるなら変動型の金利がいいって本当?

住宅ローンを借りるときに『金利』に注目して決める方は多いのではないでしょうか?

金利を選ぶ際に「金利が安いから変動型の金利にする」という方も多いと思います。

しかし、実は変動型の金利は金利が安くなるといった良いことだけではありません。

そこで今回は変動金利の特徴と選ぶ上で注意したいことをご紹介していきます。

そもそも変動型の金利ってどんな金利?

一般に住宅ローンを借りる時の、全期間固定型金利・固定期間選択型金利・変動型金利の3つあるうちの一つです。

全期間固定型金利・固定期間選択型金利のようなローンを借りた時からローンを返し終わる時まで同じ金利が使われるものとは違い、変動金利は5年ごとに金利が変わります。

それでは、どんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

変動型の金利のメリット

  1. 全期間固定型金利・固定期間選択型金利と比べると、一番安い。
  2. もしかしたら、金利が下がる可能性がある
  3. 繰上げ返済などの手数料が安い

ざっと挙げるとこのようなことになります。

①を見ただけでも「変動型の金利いいんじゃないかなぁ」なんて思ってしまうかもしれませんね。

それに加えて②なんて見たら、もう「変動金利にしよう!」なんて考えになる方のいらっしゃるかと思いますが、残念ながら、近年これが起きることはほとんど無さそうです。

それでも、元々の金利が安いのでその時点でだいぶ良いですし、繰上げ返済の手数料が安いなんてことも他の金利型にはない良いところだと思います。

変動型の金利のデメリット

  1. 金利が上がる可能性がある
  2. 金利が上がって、利息の支払いが多くなってしまうので、元金の支払いがその分遅くなる。
  3. 金利が上がりすぎて、払うことのできない分の利息が発生してしまう

皆さんが真っ先に考えたデメリットは①ではないでしょうか?

でもその次に出てきた②、③はさっと出てくるものではないかもしれませんね。

特に③は皆さんに注意していただきたいところです。

もし③のようなことが起きた場合、払うことができなかった分に関しては元金になるので、元金が減らないも減らなければ、利息が積み重なっていくという最悪の事態になる可能性もあるということです。

変動型の金利を選ぶ人へ

メリット・デメリットをあげましたが、金利は審査や条件によって、金融機関で決められるものなので仮審査などをした方が良いと思います。

仮審査などをして、変動金利を選ぶことになった場合は是非これから挙げる方法を参考にしてみてください。

住宅ローンの借り入れ時は変動金利、途中で借り換えをする

変動型の金利の怖いところはやっぱり金利が上がっていくところにあると思います。

しかも、利息が積み重なっていくなんて問題もありますよね。

その2つを解決するために、借り換えをするんです!

「利息が増えすぎるかもしれない」「利息がまた高くなった」なんてことがあった時は、一度ご自身で契約している住宅ローンを見直して、他の金融機関に借り換えしてみてはいかがでしょうか。

借り換えをしたことで金利が低下した方は全体の91.1%(出典:住宅金融支援機構/民間住宅ローンの借り換えに関する実態調査)にもなります。

選択期間固定型・全期間固定型、どちらが良いかは審査や条件次第ですので、見直しの際には借り審査や金利の低い金融機関を探す場合にはこちらを使ってみてはいかがでしょうか?

終わりに

変動型の金利のことはお分かりいただけましたでしょうか?

他の金利に比べて安いのが変動型の金利ですが、それだけで判断するには怖いことがあると知っていただけましたら幸いです。

変動型の金利を選択する方がいらっしゃいましたら、是非参考にしてみてくださいね。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる