フラット35の団信保険料はこれで節約できるかも!?

200万円もかかる団信保険料の節約術

フラット35を検討しているみなさん、団信を検討していますか?

団信は、正式名称は「団体信用生命保険」といって、生命保険の一種です。

生命保険なので、保険料を支払う必要があります。

銀行の住宅ローンのほとんどは、団信の保険料を銀行が払ってくれますが、フラット35の場合は、住宅ローンを借りた方がその保険料を支払うことになります。

その保険料ですが、実は結構な金額になります。

例えば、3,000万円を金利1.0%で35年借りた場合、合計でおよそ200万円も支払うことになるのです。

その200万円、節約できる手法があるとしたら…

結論、「収入保障保険」を使うと節約できるかもしれません。

今回は、フラット35を検討している方に向けた、団信保険料の節約術をみていきましょう。

念のため、おさらい。団信って何?

収入保障保険をみていく前に団信について、おさらいしておきましょう。

団信は団体信用生命保険の略称です。

例えば、ご主人が住宅ローンを借りているとしましょう。

ご主人に万が一のことがあったり、高度障害(両眼野視力喪失、その他終身常に介護を要するような障害)になったら、毎月の当たり前のようにあった給与が無くなってしまいます。

それでも、住宅ローンの返済はしなければなりません。

返済できなければ、住宅ローンを貸した銀行がみなさんのマイホームを売ってしまいます(これを抵当権の実行といいます)。

ご主人に万が一のことがあったり、高度障害になってしまった場合、団信に入っていれば、保険会社が保険金で残っている住宅ローンを全額返済してくれるという仕組みが団信です(つまり、住宅ローンの返済はしなくてもよくなります)。

収入保障保険って?

団信は万が一の事がおこって、毎月の給与が無くなり、住宅ローンの返済ができなくなったときの備えであることをみてきました。

実は、フラット35の団信より安くて、万が一の事に備えられ、支払う保険料は少なく済む節約術があります。

それが、今回みていく「収入保障保険」を使った節約術です。

そもそも、収入保障保険とは、万が一のことがあったり、高度障害(両眼野視力喪失、その他終身常に介護を要するような障害)になったときなどに保険金を受け取れる保険です。

毎月の給与が無くなった場合に、たとえば、毎月給料と同じ金額の保険金を毎月受け取ることができるというものです。

毎月の給与と同じくらいのお金がもらえていれば、住宅ローンの返済も続けられるので、マイホームを手放さなくてもよくなります。

団信は、万が一の事がおこった場合、保険会社が代わりに残りの住宅ローンの全額を返済してくれるという保険でした。

収入保障保険は、万が一のことがおこった場合でも住宅ローンが返せるようにするための保険です。

つまり、団信も収入保障保険も万が一の事がおこった場合に、残された家族がマイホームに住み続けられるようにするための効果があります。

それでは、フラット35の団信に入るのと収入保障保険に入るのはどちらが得をするのか見てみましょう。

フラット35と収入保障保険ではどっちがお得がシミュレーションしてみました

結論、「収入保障保険」の方がお得という結論がでました。

根拠となるシミュレーション結果をみていきましょう。

フラット35団信を使った場合

団信保険料の計算条件

  • 借入額 3,000万円
  • 返済期間 30年
  • 金利 1%
  • 毎月返済額 10万円

団信保険料総額 1,791,000円

収入保障保険料の計算条件

  • 毎月もらえる保険金 10万円
  • 保険契約期間 30年
  • 保険加入時年齢 30歳
  • 月額保険料 2,910円

収入保障保険料総額 1,047,600円

団信保険料と収入保障保険料総額の差
団信保険料総額 1,791,000円
収入保障保険料総額 1,047,600円
差額 743,400円

収入保障保険の方が74万円もお得ということがわかりました

※借入金額や借入期間、保険加入時年齢などによって、保険料は変わります。

フラット35を借りて、万が一の事に心配がある方は、収入保障保険に入ることを考えた方が良さそうですね。

収入保障保険なら少しだけ税金がお得になります。

フラット35の団信保険料は、所得税の支払額が少なくできる生命保険料控除という制度を利用できません。

一方で、収入保障保険は、生命保険料控除が使えます。

先ほどの例だと、

  • 収入保険料(年額) 34,920円
  • 生命保険料控除で得する税金(年額) 2,800円

この生命保険料控除によって、わずかではありますが、毎年約3,000円ほど税金がお得になります。

それでも、フラット35の団信に入りたい時に気をつけること!

フラット35団信は借りる前にしか加入できない

団信に入るタイミングはフラット35を借りる前です。

フラット35を借りた後に団信に入ろうとしても、加入することはできません。

途中で契約内容を変更できません

団信に入った場合、住宅ローン借り入れの際に入った団信の内容を途中で変更することはできません。

例えば、死亡・高度障害のみの保障で団信に入った場合、後から8大疾病保障特約付団信に変更することはできないということです。

まとめ

フラット35の団信に入らない場合に収入保障保険がその代わりになってくれるとういうことがお分かりいただけたでしょうか。

今回の場合ですと、収入保障保険が安くなりました。

先ほど触れたように、フラット35の団信は住宅ローンを借りる前に入らなければいけません。

ですので、フラット35の団信に入るか、収入保障保険に入るかは住宅ローンを借りる前に決めなければなりません。

どちらにするか前もって調べて、決めておくことをオススメします。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる