フラット35リノベってなに!?

2016年の10月から「フラット35リノベ」の取り扱いが始まりました。

取り扱われ始めてさほど時間の経っていないフラット35リノベをご存知の方は少ないと思います。今回はそんな方のために、フラット35リノベについて、解説していきたいと思います。

フラット35リノベ

フラット35リノベとは、条件に当てはまる中古物件を買う時や中古物件を性能向上リフォームするときに金利優遇が受けられる住宅ローンのことです。

それでは、まず条件から見ていきましょう。

1.お客様が中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合

2.住宅事業者により性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合(=リノベ再販)

この2つがフラット35リノベを利用できる条件になります。

条件に共通していることは「中古住宅を購入する」ということです。

新築一戸建てではなく、中古物件の購入を検討している方には知っておいていただきたい仕組みです!

気になる金利は?

フラット35リノベを利用することで、どのくらいの金利優遇が受けられるかみていきましょう。

フラット35リノベは、

1.金利引下げ時期が10年間の「金利Aプラン」

2.金利引下げ時期が5年間の「金利Bプラン」

の2つの金利タイプありますが、どちらも金利引き下げ幅は0.6%です。

フラット35リノベのより詳しい詳細は下の表とこちらをご覧ください。

金利Aプラン 金利Bプラン
金利引き下げ期間 当初10年間 当初5年間
金利引き下げ幅 通常のフラット35からさん▲0.6% 通常のフラット35から▲0.6%
技術水準 リフォームにより次の基準の1つ

以上を満たすこと

・認定低炭素住宅

・一次エネルギー消費量等級5の住宅

・性能向上計画認定住宅

・高齢者等配慮対策等級4以上の住宅

・長期優良住宅

リフォームにより次の基準の1つ

以上を満たすこと

・断熱等性能等級4の住宅

・一次エネルギー消費量等級4以上の住宅

・耐震等級2以上の住宅

・免震建築物

・高齢者等配慮対策等級3以上の住宅

・劣化対策等級3の住宅で、かつ、

維持管理対策等級2以上の住宅

通常のフラット35から▲0.6%金利が引下げられますので、フラット35を検討している方、民間金融機関の全期間固定金利型を検討している方には提案したいプランです。

どのくらいメリットがあるのか

金利が0.6%下がるって言われても、具体的にどれくらい下がるかわかりにくいと思います。

そこで通常の「フラット35」、「民間金融機関の全期間固定金利型」と比べた金額をみてみましょう。

【試算条件】

借入金額:3,000万円、借入期間35年

フラット35リノベ 通常のフラット35 全期間固定金利型
金利 1年目~10年目 0.005%

11年目~35年目 1.100%

1.10% 1.11%
総返済額 36,670,490 38,489,185 36,901,901
支払い元金利 34,469,390 36,157,985 36,217,361
融資事務手数料 150,000 240,000 10,800
団信保険料 2,001,100 2,041,200
保証料 641,340
保証取扱手数料 32,400
物件検査手数料 50,000 50,000
フラット35リノベ

との差

1,818,695 231,411

 

フラット35リノベを利用するには適合証明検査を行う必要があるなど、手続きに手間がかかりますが、特に通常のフラット35と比べると数百万円のメリットがあることがわかりますね!

ここだけ気をつけて

対象となる住宅の購入手段によって、申し込みができる金融期間が変わります。

住宅事業者により性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合

すべてのフラット35取扱金融機関で申込ができます。

お客様が中古住宅を購入してリフォームを行う場合

大手銀行では三井住友信託銀行、りそな銀行が取り扱っています。その他、フラット35専業、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫の一部で申込が可能です。

お客様が中古物件を購入してリフォームする場合は、フラット35リノベが利用できる金融機関が限定されているため、注意が必要です。

まとめ

皆さん、フラット35リノベのことをお分かりいただけましたでしょうか?

中古住宅の購入、その性能向上リフォームの際にしか使えないという制限がありますが、条件を満たしている場合、金利が0.6%下がり、百数十万円ほどのお得になるので、中古物件の購入を検討している方は、フラッtト35リノベでの借入を検討することをオススメいたします。

ただし、フラット35リノベは、2018年3月31日で受付終了の可能性があるため、利用時期には注意が必要です。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる