住宅ローンを借りてから家を買うまでの手順が分からない

家を購入するために住宅ローンを組む場合は、物件選びと並行して進める必要があります。

物件購入の流れや住宅ローンについての手順がよく分からないという方は、この機会に大まかな流れを確認しておきましょう。

マイホーム購入と住宅ローンの基本の流れ

①物件の情報収集と並行して住宅ローンの情報収集をする
⬇︎
②物件の購入を申し込んだら、住宅ローンの仮審査を申し込む
⬇︎
③物件の売買契約を結ぶ
⬇︎
④住宅ローンの契約をする
⬇︎
⑤物件の残金を決算するときに融資実行
⬇︎
⑥物件の引き渡し・入居

①物件の情報収集と並行して住宅ローンの情報収集をする

住宅購入の際、多くの人が住宅ローンを利用します。

大手都市銀行やネット銀行など多くの金融機関が、金利や手数料、返済方法などで異なる、さまざまな商品を出しています。

不安な気持ちを持ったまま住宅ローンを利用しないように住宅ローンに関する情報を収集しましょう。

ご自身が納得して住宅ローンを決めるために、物件の情報収集を始めるのと同じか、それよりも前に住宅ローンについて考え始めましょう。

②物件の購入を申し込んだら、住宅ローンの仮審査を申し込む

理想の物件が見つかったら、本当にこの物件でいいのか今一度確認し、その後物件の「購入申し込み」をします。

購入申し込みは契約とは異なり、「買いたい」という意思表示を意味します。人気の物件は、申し込みの先着順や申し込んだ人の中から抽選をして購入できる人を決めます。

住宅ローンは、この「購入申し込みのタイミング」で仮審査に申し込むことができます。

③物件の売買契約を結ぶ

事前審査に通り、②の購入申し込みが受け付けられたら、物件の売買契約を結びます。

物件の売り主と買い主で細かな条件を話し合い、条件を交渉し、合意に至ったら重要事項説明が行われます。

この内容を理解し、確認して問題がなければ、いよいよ売買契約を結ぶことになります。

④住宅ローンの契約をする

物件の売買契約を結んだ際には、住宅ローンもいよいよ契約です。

本審査に通った後に残代金の支払いと物件の引き渡しにむけて、利用者と金融機関の間でローン契約を結びます。

この契約を金銭消費貸借契約(ローン契約)といいます。契約書は住宅ローンを融資・返済するために必要な内容が盛り込まれているので、内容を十分に理解した上で契約を結ぶことが大切です。

また、ローン契約が完了する前であれば、申し込みを取り下げることもできます。

⑤物件の残代金の支払いをするときに融資が実行される

借りるお金が銀行から支払われることを融資実行といいます。

④のローン契約の際に、融資実行の日取りなども決めます。

融資が実行されるのは、物件の残金決算(マイホームの代金をすべて支払うこと)の直前の場合が多く、また、多くの住宅ローンではこのローン実行日の金利が適用されます。

⑥物件の引き渡し・入居

残代金と諸費用の精算、不動産の登記(司法書士による所有権の登記)が行われたら、物件が引き渡されます。

この引き渡しは、ほとんどの場合、⑤の融資実行と同じ日に行われます。

引き渡し時には、不動産会社から鍵を受け取り、その後入居という流れになります。

基本の流れを押さえて、スムーズなマイホーム購入を

このような大まかの流れと、その時に何を行うのかを理解しておくことで、タイミングよく動くことができると思います。

また、よく分からないまま進めるのではなく気になったことは、不動産会社の担当者に相談して解決しておくようにしましょう。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる