保証料がかからない住宅ローンがあるって本当?

住宅ローンを借りる際、事務手数料や登録免許税(登記費用)など色々な諸費用がかかります。

そして、その中でも数十万円にもなるのが「保証料」です。

金融機関によって、また住宅ローンの審査によって変わりますが、仮に3,000万円借りた場合、保証料は大体60万円程度かかります。

保証料の支払いは借り入れ条件?

保証料は「住宅ローンを借りた方が返済できなくなった時に、保証会社が借りている人の代わりに返済する」という保証契約にかかるお金です。

「保証会社が代わりに返済してくれて終わりになる」なら良い話なのですが、保証会社はあくまでも一時的に代わりに返済しただけなので、住宅ローンを借りた方にとってはお金を支払う相手が銀行から保証会社に変わっただけになります。

それなら「支払いたくない」という考えもあると思いますが、ほとんどの銀行では「保証会社による保証を受けること」が借り入れ条件となっているので、「保証料を支払わない」というわけにはいけません。

ネット銀行は保証料が必要ない!

しかし、上記の銀行に当てはまらない、初めから保証料が無料で住宅ローンを借りられる銀行があります。

それは以下のようなネット銀行です。

  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行
  • 住信SBIネット銀行

ただしネット銀行は事務手数料が高め

ネット銀行は「保証料」が無料の分、借り入れの際に金融機関に支払う「事務手数料」が高めに設定されています。

例えば、3,000万円を期間35年で借りた場合、大手銀行など店舗型金融機関は「保証料は60万円、保証取扱手数料は3万円、事務手数料は3万円」ですが、あるネット銀行は「保証料は0円、保証取扱手数料は0円、事務手数料は60万円」という感じです。

表にすると次のような感じです。

大手銀行 ネット銀行
保証料 60万円 0円
保証取扱手数料 3万円 0円
事務手数料 3万円 60万円
合計 66万円 60万円

注釈
※ 金額は標準的な住宅ローンでお借入される場合の概算値です。
※ 審査結果によって、保証料は前後します。

したがって、保証料が0円なら初期費用の合計が安いわけではなく、保証料や事務手数料なども含めた初期費用の合計によって、比較することが必要です。

まとめ

ネット銀行は保証料がかからないからといってネット銀行に絞り込むのではなく、初期費用の合計金額やトータルの金額(総返済額)でも比較して検討しましょう。


「銀行のホームページを見ても、色々書いてあって総返済額がどれくらいか分からない!」

「保証料はいくらになるんだろ?」

という方もたくさんいらっしゃると思います。

WhatzMoneyでは簡単に、保証料も含めた初期費用・総返済額・毎月の返済額が分かります。

次の4つの項目を入力するだけで、すぐに結果が表示されます。

  1. 希望するマイホームの価格
  2. マイホームの都道府県と市区町村
  3. 頭金はいくらくらいか
  4. 住宅ローンをどれくらいの期間で返済したいか

まだ具体的な希望が決まっていない方も、だいたいどれくらいの返済額になるのか分かると住宅ローンについて考えやすくなると思います。

ぜひ、ご利用ください。

さっそく検索する

じぶん銀行住宅ローンを見てみる 住宅ローンを無料で相談してみる