不動産会社が教えてくれたローンだけで検討しても良いの?

提携ローンは不動産会社がすすめてくれるローン

提携ローンとは、不動産会社と銀行などの金融機関が提携して提案してくれる住宅ローンのことです。

不動産会社の方が提案してくれるすべての住宅ローンが金融機関と提携しているローンではありませんが、特に大手の不動産会社では金融機関と提携したローンを提案することがほとんどです。

では、提携ローンだけを検討すればよいのでしょうか?

今回は提携ローンについて、みていきましょう。

提携ローンで借りなくても大丈夫です

提携ローンは先ほどの通り、不動産会社の方から紹介されますので、感覚的に提携ローンでないといけないのかな?と思われる方もいらっしゃると思います。

不動産会社としては、提携ローンでなくても住宅ローンの審査が通って、物件を契約してもらえれば問題がありません。

不動産会社は家を売ることで利益を上げており、住宅ローンを売って利益を上げているわけではないからです。

つまり、提携ローンではなくても、大丈夫ということです。

提携ローンの良し悪し。提携ローンが一番安いローンとは限らない

提携ローンのメリットは次の通りです。

メリット

  • 普通のプランにはない金利優遇がある
  • 申込書類のやりとりを不動産会社に任せることができる

デメリット

  • 他のプランの方が安いことがある

提携ローンよりも他の銀行のローンの方が安いことも

提携ローンにすると、普通のプランよりも金利が優遇されてお得なのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。

ただし、金利が優遇されてもネット銀行や他の大手銀行のプランの方が安いということも多いです。

そのため、提携ローンを使ったときの初期費用を含む総支払額と提携ローン以外の総支払額を比較してみることが大切です。

安易に提携ローンに決めない

実際に提携ローンよりその他の住宅ローンの方が安いということはよくあります。

また、提携ローンを選択されている方の多くが、『手続きが楽だから』という理由で提携ローンを選択しています。

しかし、購入時の手続きの手間が省けるからといって、場合によっては数百万円も無駄にするのは少し安易ではないでしょうか?

住宅ローンの手続きは初めてのことで慣れないと思いますが、任せきりにすると何百万円も損することもあるので、しっかりと選びたいですね。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる