イオン銀行の住宅ローン、メリット・デメリットまとめ

日本のどこにいっても皆さんおなじみのイオンモールがある時代です。
そのイオンが銀行をやっていて、住宅ローンも販売していること、ご存知でしたか?

金利が低く、そのほかにもイオンならではのメリットがあります。
今回は、そんなイオン銀行の住宅ローンの特徴をみていきましょう。

イオン銀行の住宅ローンのメリット4つ

  1. 低金利!
  2. 当初5年間はイオングループでの買い物が毎日5%オフ
  3. コールセンターと店舗で相談可能
  4. つなぎローンがある

では、さっそくみていきましょう。

低金利!

住宅ローンを借りるなら金利は低い方がいいですよね。

イオン銀行の住宅ローン金利は最低水準です。

イオングループでの買い物が毎日5%オフ

当初5年間はイオン銀行の住宅ローンの最大の特徴ともいえるメリットが、契約者限定で「イオンセレクトクラブ」を利用できることです。

「イオンセレクトクラブ」では、専用カードのクレジット払いによりイオングループで買い物をすると実店舗でもオンラインショップでも毎日5%安くなります。

簡単に言うと、専用カードのクレジット機能を使って買い物をすると、請求の時に5%割引した金額が引き落とされるという特典です。

例えば、毎月

  • 食料費で約50,000円
  • 衣料費で約15,000円
  • 日用品で約10,000円の買い物をした場合、

通常なら約75,000円ですが「イオンセレクトクラブ」では約71,250円となり、毎月3,750円お得になります。

年間に換算すると、約900,000円が約855,000円となり、年間では約45,000円お得になります。

そしてさらに、CMでよく聞く「お客様感謝デー」の時は、さらに5%安くなります。

割引対象企業は、

  • イオン
  • イオンスーパーセンター
  • マックスバリュ
  • おうちでイオン
  • まいばすけっと
  • ピーコックストア

などです。

ただし、1年間の割引対象買い物金額の上限が、住宅ローンの借り入れ金額によって決められています。

借入金額が1,000万円以上2,000万円未満であれば、年間45万円。2,000万円以上の借入だと年間90万円までこの優待を受けることができます。

また、割引対象となる期間は「イオンセレクトクラブ」の入会日から5年後の翌月10日までです。

借り入れ期間中ずっと割引というわけではなく、5年間だけ割引ということに注意しましょう。

普段からイオングループを利用する方には、嬉しい特典ですね。

他にも「イオンセレクトクラブ」では、

  • 定期預金の金利が優遇される
  • イオングループ各社からの特典
  • 旅行損害保険の無料付帯や全国のイオンラウンジが利用できるなど特典が多い「ゴールドカード」が年会費無料で発行される

などのお得な特典があります。

コールセンターと店舗で相談可能

イオンの中にイオン銀行があるというところは、全国で約110店舗あります。

ネット銀行の多くは相談や問い合わせに電話やメールを利用することになりますが、イオン銀行は店舗で対面での相談が可能です。

大手金融機関などの一般的な金融機関とは違い、土日も銀行窓口を利用することができます。

イオン銀行は、店舗もコールセンターも土曜・日曜・祝日を含めて365日年中無休、9:00〜21:00まで対応しており、非常に便利です。

また、各店舗で住宅ローンの無料相談会を実施しています。

この無料相談会では、イオン銀行に口座のない方も相談でき、新築・購入予定物件の価格を示す資料を持参すると「返済額シミュレーション」を無料で作成して渡してくれます。

一部店舗を除き、開催時間も9:00〜21:00と長く利用しやすいと思います。

土日開催で訪れる人も多いと予想されますので、必須ではありませんが、予約していかれることをオススメします。

つなぎローンがある

ネット銀行は、ソニー銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行など、「つなぎローン」を取り扱っていないところが多いです。

イオン銀行は、店舗のみの取り扱いですが、つなぎローンを取り扱っています。

つなぎローンを申し込みできるかどうかは、融資対象の物件最寄りのイオン銀行店舗の判断となるそうですので、まずはコールセンターに連絡してみましょう。

建物の着工金・上棟金が必要で、つなぎローンを検討している方は、イオン銀行の住宅ローンを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

全額繰上返済にはデメリットもありますので慎重に検討しましょう。

また、全額繰上返済を検討する可能性がない方にとっては、関係のないデメリットです。

イオン銀行の住宅ローンのデメリット

全額繰上返済手数料が高い

イオン銀行の一部繰上返済手数料は、0円で、これはほとんどのネット銀行で共通です。

また、繰上返済可能額は、イオン銀行ダイレクトを利用すると1万円から、店舗での手続きをすると50万円からとなっています。

店舗での手続きでは、50万円からと少し高めですが、ネット上での手続きでは1万円以上から繰上返済できるので、こまめに返済していくことも可能だと思います。

しかし、住宅ローンの残高の全額を繰上返済する場合は、54,000円の手数料が必要となります。

これは、大手ネット銀行・大手都市銀行を含めても最も高い金額です。

全額繰上返済手数料がやや高めなこと以外は特別にデメリットはありません。

金利優遇の条件

最後に金利優遇の条件について、みていきましょう。

イオン銀行の住宅ローンの金利優遇を受けるには、契約までにイオンカードセレクトの申込みイオン銀行ダイレクトの登録が必要です。

イオンカードセレクトとは

イオンカードセレクトとは、キャッシュカード、クレジットカード(イオンカード)、電子マネー (WAON)の機能・特典が一体になったカードです。
普通預金金利上乗せや、WAONオートチャージでもWAONポイントがもらえるなど、「イオンカードセレクト特典」も充実しています。さらにカードローン機能も追加できます。

出典:イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、入会金・年会費無料ですので、イオン銀行の住宅ローンを検討している場合は作っておいても良いと思います。

さらに次の取引のうちひとつ以上のを契約する必要があります。

  1. 当行口座を給与振込口座に指定
  2. 積立式定期預金のお取引き
  3. 投資信託口座開設 または WAONオートチャージの設定
  4. カードローンBIGのお申込み

まとめ

イオン銀行は、日常的な生活に関係した特典が多く、生活と銀行が結びついている銀行ですね。

特徴的なメリットは、イオングループでの買い物が5%OFFになること、コールセンターと店舗で年中無休で相談できること、つなぎローンを取り扱っていることが挙げられます。

また、団信の保険料や住宅ローンの保証料が無料であることなど、ネット銀行で共通してみられることに関しては、今回は書いておりません。

イオン銀行は様々な特典が利用できるお得な住宅ローンだと思います。特にイオングループをよく利用して買い物をする方は、身近な銀行でもありメリットも多くオススメです。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる