世帯年収200万円でも、家は買えるの?

LINEで送る
Pocket

『マイホームは欲しいけど、うちの稼ぎじゃ…。』 そんな悩みを抱えてはいないでしょうか?

そうだとしても自分の年収のことなので相談しづらいと思います。

ですので今回は、『低収入でもマイホームをつかむにはどうしたらよいか』というテーマで、マイホーム購入をお手伝いできるような記事です。

さっそくみていきましょう。

借入最高額を知りましょう

まず、どれくらい借りられるかを知っておく必要があります。

一般的には、返済比率が35%未満であれば借りられると言われています。

【返済比率】

年収のうち、返済額がどれくらい占めるのかを表した比率のこと。

例えば、年収200万円で年間の返済額が50万円なら、返済比率は25%になります。

年収が200万円台なら25%以下で考えておくと良いでしょう。

仮に年収が200万円で、返済比率が20%なら、年間の返済額は40万円になります。

またそれとは別に、一般には借入額は年収の5倍~6倍程度というのがあります。

年収200万円の場合、年収の5倍なら1000万円ということになります。

頭金を貯めましょう

頭金を貯めておくことは、自らの生活を守るという意味でも、信用力をアピールする意味でも重要です。

銀行の人だって人間なので、同じ年収でもしっかりと将来を考えている人にお金を貸したいと思っているはずです。

もし、貯金が難しければ、親から資金援助をしてもらうことも考えましょう。

カードローン等ははすぐに返しましょう

カードローンなどの滞納があると、それらが事故情報として指定信用情報機関という機関に登録され、あなたの信頼を大きく下げることになってしまいます。

ですので、もしカードローンや携帯電話の料金の支払いなどに滞納がある場合、すぐに返済するようにしてください。

何ヶ月も延滞している場合は、すでに事故情報として機関に登録されているため、住宅ローンの審査はほとんどの場合、通りません。

すまい給付金、住宅ローン減税を利用しましょう

すまい給付金や住宅ローン減税といった言葉はご存知でしょうか?

すまい給付金とは、収入の少ない人が物件を取得するときに、お金を給付してもらえる制度のことです。

また住宅ローン減税とは、一定の要件を満たす住宅を購入する場合に、毎年ローン残高の1%を所得税から控除してくれる制度になります。

まとめ

確かに、収入が少ないとローンを組むのに不利なことが多いですが、人よりも準備期間を長くとれば、決してローンを組むことは不可能ではありません。

自分の状況を考慮した上で1つ1つ課題を乗り越えていくことが大切です。

LINEで送る
Pocket

借り入れシュミレーションをしてみる LINEで質問してみる