抵当権設定の費用節約するには?司法書士の比較で数万円、十数万円も得する方法は?

LINEで送る
Pocket

住宅ローンを借りる時は、銀行のために「抵当権」を設定します。

いわゆる「担保」と呼ばれるものです。

実は、この抵当権を設定する時に次のようないくつかの費用がかかります。

  • 登録免許税
  • 抵当権設定契約書に貼る収入印紙代
  • 司法書士への手数料

この費用のうち、司法書士への手数料は自分で抵当権を設定すると払わなくても済むのです。

今回は、抵当権とはそもそも何か?抵当権設定でいくらお得なのか?についてお話ししていきます。

抵当権と登記って何?

抵当権とは?

抵当権は住宅ローンを借りた方が土地や住宅に対して金融機関のために設定します。

抵当権を設定しておくと、もし住宅ローンを返せなくなったときに、金融機関はあなたの土地や住宅を売却して、その売却金で住宅ローンの返済に回します。

この時、抵当権を持っている金融機関を抵当権者、抵当権を設定する側(住宅ローンを借りた方)を抵当権設定者と言います。

登記とは?

抵当権は、住宅ローンを借りた方、住宅ローンを貸した金融機関以外の第三者に対して、その存在を証明する時に「登記」という形で法務局(国)に登録する必要があります。

金融機関としては当然自分の抵当権を守りたいので、住宅ローンを借りる方に抵当権の登記を求めてきます。

そのため、住宅ローンを借りる時は、抵当権の登記を避けて通ることはできません。

普通に登記したらどれくらいかかるの?

登記に必要な費用としては、前述の通り、次の費用がかかります。

  • 登録免許税
  • 抵当権設定契約書に貼る収入印紙代
  • 司法書士への手数料

登録免許税

抵当権設定登記をする時に支払う税金で、基本的に借入額の0.4%です。

建物に関しては一定の条件を満たせば、0.1%になります。

だいたい土地が1,000万円、建物が2,000万円の場合、おおよそ以下の登録免許税がかかります。

登録免許税額
土地 40,000円
建物 20,000円
合計 60,000円

収入印紙

借入額により異なりますが、1,000万円以上 5,000万円以内なら、2万円になります。

司法書士への手数料(司法書士報酬)

この手数料が今回のポイントです。

抵当権を設定するには、次の2つの選択肢があります。

  1. ご自身で設定する
  2. 司法書士に依頼する

一般的には、司法書士に依頼することになりますが、司法書士に依頼すると「司法書士報酬」という手数料がかかります。

司法書士報酬は5万円から20万円くらいです。

司法書士が自由に報酬額を決められるので、どこの司法書士でも一緒の金額というわけではありません。

自分で登記をするなら、この司法書士報酬が0円になります。

5万円から20万円かかる司法書士報酬が0円になるなら、自分でやった方がよさそうですね?

自分で抵当権を設定するのってどうなの?

可能か不可能か、と言われたら可能です。

ただし、多くの金融機関では認めてくれません。

金融機関としては専門の司法書士に頼んだ方が無難ですし、住宅ローンの借主が登記をするとトラブルの元だと考えています。

ですので、自分で登記をしたいのならば、まず金融機関を説得をしなければいけません。

また、実際に登記を自分で行うとなると、

  • 登記申請書
  • 登記原因証明情報
  • 登記識別情報
  • 印鑑証明書

といった、書類を自分で準備する必要があります。

その手間と司法書士への報酬を天秤にかけて、『それでも自分で登記したい!』というのであれば、管轄の法務局に出向き是非挑戦してみると良いかと思います。

ただ、抵当権は住宅ローンを借りたその日に設定する必要があり、登記ミスがあると最悪の場合、住宅ローンがキャンセルになってしまうかもしれません。

それくらい、抵当権を設定することは重要なことになります。

2つか3つの司法書士から相見積もりを取ると安くなるかも!?

自分で登記するのはなかなか苦労しそうで面倒と思われましたか?

司法書士報酬を安くするための現実的な方法が、複数の司法書士から相見積もりを取ることです。

司法書士は、住宅ローンを借りる金融機関から紹介されるか、不動産会社から紹介されるかがほとんどです。

このような紹介による司法書士にどうしてもお願いしなければいけない理由はないので、インターネットで「司法書士 抵当権 ○○(お住まいの地域)」などと検索して、よさそうな司法書士がいれば見積もりをとってみましょう。

紹介を受けた司法書士とご自身で探された司法書士との司法書士報酬を比較してみると、数万円、十数万円の差がでることもあります。

司法書士の相見積もりだけで数万円、十数万円もお得になるので、司法書士の相見積もりはおすすめです。

まとめ

住宅購入は人生で一番高い買い物です。

多くの場合、数千万円の買い物になりますので、購入契約または住宅ローン契約が迫ってくると数万円や十数万円が小さな金額に見えてくることもあります。

ただ、契約を終えると数万円も十数万円も大金であることに気づくはずです。

契約を終えてから、「司法書士報酬を比較しておけばよかった…。」ということにならないように住宅ローンの比較とあわせて、司法書士も比較しておきましょう。

LINEで送る
Pocket

借り入れシュミレーションをしてみる LINEで質問してみる