団体信用生命保険ってなに?普通の生命保険との違いは?

LINEで送る
Pocket

住宅ローンを借りる方が、もし突然亡くなってしまったらどうなるのでしょう。

住宅ローンの返済は通常、長期にわたるため、返済期間中に万が一ということがないとも限りません。

おそらく、残りのローンを返済するのは難しくなり、家族は大変なことになってしまうと思います。

そこで多くの場合、住宅ローンを組むときには同時に生命保険に入ることになります。

この生命保険は「団体信用生命保険」、略称「団信」です。

もしもの場合に金融機関がローンの残り金額を死亡保険金でまかなって、本人に代わって全額返済するというものです。

この数年で団信の種類も増え、どの団信がよいのかわかりにくくなってきました。

そこで、今回は団信の特徴と種類をみていきましょう。

団体信用生命保険は、ふつうの生命保険とどう違うの?

団信は、住宅ローン専門の生命保険です。

一般の生命保険と違い、保険金の受取人は住宅ローンの債務者ではなく、金融機関となっています。

そのため、家族が保険金を受け取ってローンを支払うのではなく、保険金を受け取った金融機関が残っている住宅ローンの返済に直接充当するという仕組みになります。

団信保険料は金融機関が負担してくれることが一般的です。

ただし、フラット35は住宅ローンを借りた方が団信保険料を支払うことになります。

団体信用生命保険の種類

団信には、通常の団体信用生命保険のほかに、3大疾病特約付き団信、8大疾病特約付き団信などがあります。

これらは主に保険料と保障内容に違いがあります。

団体信用生命保険(一般団信)

保険料

一般団信の保険料は住宅ローンの金利に含まれていますので、先ほど述べたように、保険料を別途支払う必要はありません。

しかし、フラット35などの団信の加入が任意のところでは、加入を希望する場合に別途保険料を負担する場合があります。

保障内容

一般団信の保険金がおりる条件は、加入者が死亡または高度障害状態になった場合です。

3大疾病特約付き団信

3大疾病特約付き団信は、3大疾病保障付団信とも言われます。

そのような現状に対応して、日本人の死亡原因の約6割と言われている「がん、脳卒中、心筋梗塞」の3大疾病を特約という形で保障したのが、この3大疾病保障付き団信です。

保険料

3大疾病特約付き団信の保険料はローン利用者負担です。

住宅ローン金利0.1~0.3%程度上乗せといった形になります。

金融機関や保険会社によって、金利上乗せ幅は異なりますので、保障内容や金利上乗せ幅を確認して比較検討しましょう。

保障内容

通常の団信の、死亡・高度障害に加えて、がん・脳卒中・急性心筋梗塞が保障されます。

上記に記載のある病気が確定診断された場合、特約内容によって、すぐにローンの一括返済が実行される場合もあれば、すぐに実行されない場合もあります。

すぐに実行されない場合というのは、一定期間は毎月の支払額が支払われ、病気の所定の状態が続いた場合に、ローン残高が清算されるというものなどです。

「3大疾病特約付き団信」というように、同じ名称や似たような名称の団信でも、内容は保険会社の商品によって大きく異なる場合もあります。

加入する場合は、よく確認することが大切です。

8大疾病特約付き団信

8大疾病特約付き団信は、8大疾病保障付団信ともいいます。

保険料

8大疾病特約付き団信の保険料もローン利用者負担です。

住宅ローン金利0.1~0.3%程度上乗せといった形になります。

こちらも金融機関や保険会社によって、金利上乗せ幅は異なりますので、保障内容や金利上乗せ幅を確認して比較検討しましょう。

ちなみに、楽天銀行と住信SBIネット銀行の住宅ローンは8大疾病特約が無料です。

楽天銀行と住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴をまとめた記事はこちら

住信SBIネット銀行の住宅ローンまとめ

楽天銀行の住宅ローンまとめ

保障内容

通常の団信の死亡・高度障害に加えて、がん・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の重度疾病が保障されます。

ただし、保障内容は金融機関が用意している団信によって様々です。

「8大疾病特約付き団信」というように、同じ名称や似たような名称の団信でも、内容は保険会社の商品によって大きく異なる場合もあります。

こちらは加入する場合は、よく確認することが大切です。

保障対象外となる病気やケガの場合は?

もし住宅ローンの債務者である一家の大黒柱が、死亡ではなく病気やケガをした場合はどうなるのでしょうか?

特約付き団信に加入していない場合や保障内容に当てはまらない病気・ケガでは、団信の保険金支払いの対象外になるので、毎月の住宅ローンは通常通り支払わなければなりません。

病気やケガで働けない状況の時、収入がないにも関わらず、毎月ローンの支払いがあるのは、厳しいです。

そのようなときは、医療保険など別の保険で備える必要があります。

別途保険に入ることでリスクは回避できるのですが、毎月の保険料支払いは多くなるので、リスクと保険料のバランスをみて、加入を検討したいものです。

ここに注意

もしもの場合はすぐ連絡!

住宅ローンの債務者が亡くなった場合、色々なことで気持ちも落ち着かず、バタバタしてしまうかもしれません。

しかし、ご家族の方はすぐに住宅ローンを組んでいる金融機関に連絡してください。

連絡が遅れてしまうと、返済が滞納しているとき一部の利息が保険金で支払われないなど、思わぬ損失もあるようです。

余分に加入していない?

冒頭でお話ししたように、民間の住宅ローンでは保険料が住宅ローンの金利に含まれていることがほとんどです。

そのため、住宅ローンを利用する方で、生命保険に加入していることをあまり意識していない方も多くいらっしゃるようです。

すでに保険に加入している方で、団信の内容と加入しているその生命保険の内容が重なっていれば、重複していることになり、保険料の無駄遣いになっています。

住宅ローンを利用する際には、生命保険に加入するということを理解し、すでに加入している保険を見直しすると良いと思います。

まとめ

病気などで働けなくなり収入が減少した結果、家を手放さなければいけないという最悪のケースは、絶対に避けたいことです。

通常の団体信用生命保険のほかに特約付きの団信があること、またその内容を理解し、必要であれば加入を検討しましょう。

また、住宅ローンを借りる際には、保険の重複をしないように自分がすでに入っている生命保険と団信の内容を再確認することをおすすめいたします。

LINEで送る
Pocket

借り入れシュミレーションをしてみる LINEで質問してみる