勤続年数が短いときの対処法は?

転職したばかりで、勤続年数が短い場合、審査に通るか不安になる方もいらっしゃると思います。

今回は「勤続年数が短くても住宅ローン借りたいときにどうすべきか?」をみていきましょう。

勤続年数が短くても借りれられる。でも、理由が大切

住宅ローンの利用条件として、金融機関が設定している勤続年数の多くは、

  • サラリーマンまたは公務員の方で勤続年数1年以上
  • 事業主の場合は営業年数3年以上

となっています。

しかし、勤続年数が1年未満の場合であっても、住宅ローンを借りることはできます。

ただ、勤続年数が短い理由に納得感があるかが大切です。

勤続年数が短くても住宅ローンに通る理由とは?

勤続年数が短くても住宅ローンに通る理由を上げてみます。

  • 転職の結果、年収が上がった
  • 金融機関から見て信頼できる勤務先への転職
  • 勤務先の倒産などによるやむを得ない失業のあと、同じ業界・職種への転職

例えば、次のような理由で勤続年数が短いと住宅ローンの審査に通りにくいです。

  • 転職した結果、年収が下がった
  • 転職回数が多く、業界や職種の一貫性がない
  • 仕事をしたくないなどの自己都合による転職

理由に納得感があれば、勤続年数が短くても、住宅ローンを諦める必要はありません。

金融機関の担当者に転職の理由をしっかりと説明すれば、住宅ローン審査に通過する可能性があります。

勤続年数が短いからといってマイホームの購入を諦めることなく、住宅ローンの申込みをしてみましょう。

まとめ

勤続年数が短くても、その理由が適切なものであったり、転職した後に年収が上がったりしているなどのプラスのことがあると、住宅ローンの審査は通るので、諦めずに担当の人に一度理由などを話してみることをオススメします

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる