金銭消費貸借契約・住宅ローン契約

LINEで送る
Pocket

金銭消費貸借契約というのは、住宅ローンの契約のことです。

略称として「金消契約(きんしょうけいやく)」や「ローン契約」と呼ばれています。

住宅ローンでは本審査が通った後、住宅ローン利用者と金融機関の間で住宅ローンの契約を結びます。

この融資契約を「金銭消費貸借契約」といいます。

契約の主な内容

  • 融資条件に関すること(融資金額・返済期間・借入金の使途・返済日・返済額・融資金利など)
  • 抵当権設定に関すること(抵当物件の表示・抵当権設定登記義務・登記手続の費用負担・抵当権の及ぶ範囲など)
  • 繰上返済に関すること(繰上返済のできる日・繰上返済のできる金額・繰上返済後の返済期間など)
  • 期限前の全額返済義務に関すること
  • 延滞損害金に関すること

この契約書には上記のような、住宅ローンを融資・返済するために必要な内容が盛り込まれているので、契約の内容を十分に理解した上で契約を結ぶことが大切です。

なお、本審査が通過していても、ローン契約が完了する前であれば、申し込みを取り下げることもできます。

LINEで送る
Pocket

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる