ペアローン

ペアローンとは、一定の収入のある同居の夫婦や親子と一緒に、1つの金融機関でそれぞれが住宅ローンを借りることを言います。

多くの場合、夫婦双方にまとまった収入がある共働きの世帯の方が利用しています。

それぞれが相手の借り入れに対する連帯保証人となることが特徴です。

以下では、夫婦でペアローンを借りた前提で解説していきます。

メリット

住宅ローン控除の節税効果が2倍になる

ペアローンの場合、夫婦双方の住宅ローンに「住宅ローン控除」が適応されます。

夫、妻それぞれが住宅ローン控除を受けられることで世帯としての節税効果が2倍になります。

物件の幅が広がる

それぞれがローンを組むことにより1人の借り入れでは購入できなかった物件も、2人の収入をあわせれば、借り入れ可能額が増え、希望の物件が購入出来るという場合もあります。

デメリット

ローンを2本組む分、諸費用も2倍かかる場合がある

ペアローンとして夫婦それぞれで住宅ローンを借りる場合、夫、妻それぞれの住宅ローン契約毎に「融資事務手数料」「住宅ローン契約書の印紙税」「抵当権設定に関する費用(登録免許税や司法書士報酬)」などの諸費用がかかることが通常です。

ペアローンを検討する際には、金融機関に諸費用はいくらかかるのかを確認しておきましょう。

夫、妻どちらかの収入がなくなった場合、返済が急に厳しくなる可能性がある

夫婦でのペアローンの場合、夫、妻それぞれの収入がある前提(ダブルインカムの前提)で借り入れします。

でも、どちらかの収入が妊娠や病気などによりなくなってしまった場合でも、返済は減ることはありませんので、返済が急に厳しくなる可能性があります。

夫、妻どちらかが亡くなっても返済が続く

団体信用生命保険は、夫、妻それぞれで入ります。

万が一、夫婦どちらかが亡くなった場合、団信で完済してもらえるのは亡くなった方の住宅ローンだけです。

働き手が一人になってもまだ住宅ローンの残債が残っているという状態になります。

まとめ

夫婦が別々に住宅ローンを組むペアローンを利用する際は、「両方が今後も継続して働いていくこと」が前提となることはしっかり意識しておきましょう。

例えば、妻が出産により育児休暇をとった場合はいつまで仕事を休むのかなど、将来のライフプランを入念に検討することが必要になります。


自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる