財形住宅融資

財形住宅融資

財形住宅融資とは、住宅金融支援機構が行っている財形貯蓄をしている人を対象とした住宅ローンのことです。

財形貯蓄とは?

まず、財形貯蓄をしている方向けの住宅ローンのため、まず、財形貯蓄をみていきましょう。

財形貯蓄とは、毎月のお給料の中から一定額を始めから天引きして貯蓄をする制度のことです。

給料からの天引きなので、基本的にはサラリーマンや公務員のための制度になります。

財形住宅融資の特徴

金利

財形住宅融資は、5年固定金利制です。

5年間は金利が一定で、5年ごとに金利の額を見直します。

借り入れ可能額

財形貯金額の10倍、もしくは4000万円以下です。

子育て世代優遇がある

子供を扶養している人が財形住宅融資を利用した場合、0.2%の金利優遇を受けることができます。

他の住宅ローンとの併用が可能

財形住宅融資は、民間金融機関の住宅ローンやフラット35と併用が可能です。

注意点

子育ての金利優遇は最初の5年のみ

先ほど、子供を扶養している場合は0.2%の優遇を受けることができると説明しましたが、 これは最初の5年間だけになります。

団信の保険料は自己負担

民間住宅ローンでは、団信の保険料は金融機関が負担する場合が多いですが、財形住宅融資、フラット35では、もし団体信用生命保険を利用する場合、保険料は自己負担となってしまいます。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる