リフォームローン

住宅の改築や改装などのリフォームの際に利用できるローンをリフォームローンといいます。

家の老朽化や不具合にともない必要になるリフォームですが、老朽化や規模の具合によっては、大掛かりなもので1,000万円以上かかる場合もあり、様々なリフォームローンが存在します。

また、中古住宅を購入する際にリフォームを行う場合は、リフォーム費用も含めた住宅ローンを借り入れることができる金融機関もあります。

では、リフォームローンと住宅ローンにはどのような違いがあるのでしょうか。

住宅ローンとの違い

無担保で借りられる

リフォームローンの多くは無担保で借りられます。

そのため、住宅ローンと違い、抵当権設定の手続きが不要になります。

なお、自宅を担保に入れる有担保のリフォームローンでは、抵当権設定の手続きは必要になりますが、無担保のローンよりも低い金利で借りることができます。

金利が高い

リフォームローンの金利は、およそ2%台後半〜5%台となっていて、住宅ローンと比べると高めの金利設定となっています。

借入金が少なく返済期間が短い

返済期間が最長35年で借入額も数千万円と大きい住宅ローンと比べて、リフォームローンは返済期間は長いものでも15年と住宅ローンに比べ短く、借入可能額は多くの場合、50万円~500万円ほどです。

リフォームのための資金計画も考えたい

マイホームを購入した場合、10年後、20年後にはリフォームが必要な部分が出てくると思います。

そのことを見越して、いつどれくらいのお金が必要になるかなどの資金計画をすることが重要となるでしょう。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる