返済期間

LINEで送る
Pocket

返済期間は一般的には、最長で35年、1ヶ月刻みで設定が可能です。

明確な希望がない限り、まずは返済期間35年のプランを提案されることが多いのですが、返済期間の設定によって毎月返済額や総支払額が変わってきますので、ご自身にあった最適な返済期間を設定することが大切です。

そこで、「毎月返済額がいくらであれば支払えるか」がポイントとなります。

収入を得られる年齢まで(たとえば、会社員の方は定年まで)の完済を想定しておきたいので、現在の年齢から収入を得られる年齢までの年数を返済期間とし、毎月の返済額を試算してみましょう。

返済期間の違いによるメリット・デメリット

  • 返済期間が短い
    • 毎月の返済額は多くなる
    • 総返済額は少なくなる(総支払金利が少なく済む)
    • 借入れ時に支払う保証料が安くなる
    • 原則、返済期間は延ばせない
  • 返済期間が長い
    • 毎月の返済額は少なくなる
    • 総返済額は多くなる(総支払金利が多くなる)
    • 保証料が高くなる
    • 繰上返済により、期間を短くすることは可能

返済中に勤務先の業績不振や親の介護など、家計が苦しい状況になった場合でも、期間を延ばして毎月の返済額を下げたいという要望は通らないこともあります。

そのため、返済期間は長めに設定しておいて、家計に余裕があるときに一部繰上げ返済を使って返済することがよく行われています。

LINEで送る
Pocket

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる