つなぎ融資

LINEで送る
Pocket

つなぎ融資は注文住宅を新築する場合に利用するローンです。

マンションや建売物件(土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅)を取得する場合は利用することはありません。

住宅ローンは住宅と土地を担保にしますので、一般的には建物が完成した後でないと借りることができません。(金融機関によっては建物完成前に住宅ローンで借りる一部資金の貸付をしている場合もあります)

すでに建物が完成しているマンションや建売物件(土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅)を取得する場合は、建物が完成された時点で引き渡し時に住宅ローンを借りることで支払いが可能ですが、注文住宅を新築する場合は、住宅の引き渡しにいたるまでに、土地の取得資金、建物の着工金・中間金の支払いが住宅ローンを借りる前に必要となります。

そのため、注文住宅を新築するときは、土地の取得資金、建物の着工金・中間金を自己資金で賄うか、住宅ローン以外で借り入れする必要があります。

注文住宅の新築する場合に使うのが「つなぎ融資」

注文住宅を新築するときに、自己資金で賄えない場合、住宅ローン以外でお金を借りる手段が「つなぎ融資」です。

つなぎ融資は、住宅ローンを借りるまでの間、「つなぎ」として「一時的に借り入れる融資」のため、「つなぎ融資」と呼ばれます。

利用の流れは以下のようになります。

  1. つなぎ融資を利用して、不動産会社または建築会社に代金を支払う
  2. 住宅の完成・引渡し時に、住宅ローンを組む
  3. 引渡し時に実行される住宅ローンで、つなぎ融資を返済する

つなぎ融資を利用する場合の注意点

つなぎ融資は、どの金融機関でも扱われているわけではありません。

特にネット銀行では、つなぎ融資を扱っていない銀行がほとんどです。

ネット銀行では、楽天銀行がつなぎ融資を取り扱っています。

一般的には、つなぎ融資だけを利用するということはできませんので、注文住宅を新築する方で、つなぎ融資を利用したいという方は、まず、つなぎ融資が利用できる金融機関かどうかを選ぶ必要があります。

また、つなぎ融資の金利は、住宅ローンの金利よりも高めになっています。

注文住宅を新築する方は、同じ新築でもマンションや建売戸建とは異なった資金計画、住宅ローン選びが必要になるので、事前に流れをよく理解しておく必要があります。

LINEで送る
Pocket

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる