離婚した場合、住宅ローン返済はどうなる?

価値観の不一致や生活習慣が合わないなどの理由で結婚生活に疲れ、離婚を考えたりするかもしれません。

離婚をしても住宅ローンを利用して家を購入した場合、二人で住宅ローン返済をし続けなければなりません。

ところが、離婚した後の住宅ローン返済については様々なリスクが伴います。

今回はどういった場合にどんなリスクが存在するのかを紹介していきます。

離婚後も住宅ローン返済を続ける場合

離婚してもその家で住み続ける場合、大きく3つのケースがあります。

  • 住宅ローンの名義は夫のままで、妻と子が住み続けるケース
  • 住宅ローンの名義は夫のままで、夫が住み続けるケース
  • 住宅ローンの名義を妻に変更し、妻が住み続けるケース

どんなリスクが存在するのかケースごとに見ていきましょう。

借りている人は夫のままで、妻と子が住み続けるケース

よくあるケースなのですが大きく2つのリスクがあります。

1.ローンの全額一括返済を求められるリスク

最初に述べた通り、住宅ローンを借りる人の条件は住宅の所有者であることその家に住んでいることです。

借りている人が夫のままで、今までの家とは別の家に住むと契約違反となりローンの全額を一括返済で求められることがあります。

2.夫が住宅ローン返済を滞納するリスク

離婚した後、夫は自分の生活費と妻のものとなった家のために支払い続けないといけないので経済的負担は大きくなります。

妻にも返済できるほどの収入がなく返済が滞った場合、抵当権が実行され競売にかけられ路頭に迷うといったことになってしまう恐れがあります。

借りている人は夫のままで、夫が住み続けるケース

この場合、特に問題はありません。

万が一、妻が夫の連帯保証人である場合、離婚しても連帯保証人は続きます。

別居していても夫が住宅ローン返済を滞納したら妻の方へ返済の請求がきます。

今一度、住宅ローン契約書などを確認し、連帯保証人であるかどうか確認してみましょう。

借りている人を妻に変更し、妻と子が住み続けるケース

妻の収入のみでローンが返済できる場合に限り住宅ローン名義人を変更することができます。

しかし、借りている金融機関の承諾が必要なため、妻が住宅ローンを返済できるほどの収入がないと難しいでしょう。

まとめ

離婚した後の住宅ローン返済については様々なリスクが伴います。

これから離婚しようか考えている方はこれらのリスクを踏まえて上で今一度話し合っておくと良いでしょう。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる