2017年6月|住宅ローン平均金利は主力の固定10年金利で上昇も、変動金利の平均金利は下落。

住宅ローン平均金利は主力の固定10年金利で上昇も、変動金利の平均金利は下落。金利は低位安定推移しており、予想外のイベントがなければ、金利水準は当面変わらないと予測。

WhatzMoney住宅ローンレポート 2017/06

全国763金融機関、17,000超の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney 住宅ローン」(URL: https://whatzmoney.com/) を運営するWhatzMoney株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:前田 一人)独自に6月実行分のローン金利状況を調査し、公開いたしましたので、お知らせ致します。

※ 本資料またはデータは、ニュースなどでご自由にご利用ください。

■調査結果サマリー

  1. 10年固定金利型の金利は、5月に続き若干上昇。基準となる10年国債金利が前月末水準の0.015%程度から0.05%程度に上昇したことの影響を受け、大手銀行、ネット銀行を中心に金利を引き上げ。一方、いくつかの地方銀行は競争力確保のために金利を引き下げており、平均金利では若干の上昇にとどまった
  2. 米国の中央銀行に当たるFRB(米連邦準備理事会)は、6月の利上げを示唆しているが、金利市場に与える影響は限定的と大半の市場関係者はみており、米国の利上げが日本の住宅ローン金利に与える影響も限定的になる見込み
  3. 変動金利型の金利は、一部の銀行が競争力確保のために金利を引き下げており、平均金利も前月比若干低下
  4. フラット35の最低金利は、基準となる長期金利が前月比上昇したため、返済期間20年以下のプラン、返済期間21年以上35年以下プランとも金利は0.3%上昇
  5. 主要銀行全プランの最低金利は0.270%と前月から変わらず。比較的短期間の固定金利選択型住宅ローンを中心に低金利プランが継続  

    1.10年固定金利型の金利は、5月に続き若干上昇。基準となる10年国債金利が前月末水準の0.015%程度から0.05%程度に上昇したことの影響を受け、大手銀行、ネット銀行を中心に金利を引き上げ。一方、いくつかの地方銀行は競争力確保のために金利を引き下げており、平均金利では若干の上昇にとどまった

6月の10年固定金利型住宅ローンの金利は、4月末で0.015%であった10年国債金利が、5月末には0.05%に上昇し、大手銀行、ネット銀行を中心に金利は上昇しました。

一方、いくつかの地方銀行は金利を引き下げており、平均金利では若干の上昇にとどまりました。

各銀行の住宅ローン金利はまちまちとなっており、依然にも増して、銀行別の金利に注意を払う必要があります。【図1,2,3】

【図1】10年固定金利型 金利引き下げ行(主要75行中)

【図2】10年固定金利型 金利引き上げ行(主要75行中)

【図3】10年固定金利型平均金利(主要75行)

2.米国の中央銀行に当たるFRB(米連邦準備理事会)は、6月の利上げを示唆しているが、金利市場に与える影響は限定的と大半の市場関係者はみており、米国の利上げが日本の住宅ローン金利に与える影響も限定的になる見込み

FRBは6月の利上げを示唆していますが、予定通りの利上げにとどまる見込みであることから、金利市場に与える影響は限定的とみられます。

そのため、米国の利上げが日本の住宅ローン金利に与える影響も限定的なものとなり、予想外のイベントがなければ、来月の金利もさほどの変動はないと予測します。

3.変動金利型の金利は、一部の銀行が競争力確保のために金利を引き下げており、平均金利も前月比若干低下

変動金利型の金利は、基準金利にほとんど変動は見られなかったものの、一部の銀行が競争力確保のために金利を引き下げており、平均金利は若干低下しました。【図4,5】

銀行間の金利競争がもう一段進む可能性があり、プランを比較検討することの重要性が増しています。

【図4】変動金利型 金利引き下げ行(主要75行中)

【図5】変動金利型平均金利(主要75行)

4.フラット35の最低金利は、基準となる長期金利が前月比上昇したため、返済期間20年以下のプラン、返済期間21年以上35年以下プランとも金利は0.3%上昇

フラット35の最低金利は、基準となる長期金利が上昇したことから借入期間20年以下のプラン、借入期間21年以上35年以下のプランともに金利は上昇しました。【図6】

【図6】フラット35の金利推移

5.主要銀行全プランの最低金利は0.270%と前月から変わらず。比較的短期間の固定金利選択型住宅ローンを中心に低金利プランが継続

主要銀行の全新規借入プランの最低金利は0.270%と前月と同水準でした。【図7】

なお、固定金利期間が限定されているプランは、固定金利期間終了後の金利が上がる傾向があるため、金利だけで選ぶのではなく、総支払額でも比較検討することを推奨いたします。

【図7】0.2%、0.3%台の住宅ローンプラン

WhatzMoney株式会社

代表取締役 前田一人

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる