元金の返済不要?リバースモーゲージって知ってますか?

リバースモーゲージをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

近年注目され始め、主に定年退職された方向けのローンです。

資金使途はリフォームはもちろん、医療費や介護費、旅行など様々なことに利用できます。

今回はそんなリバースモーゲージがどのようなものかを見ていきましょう。

リバースモーゲージの特徴

リバースモーゲージはただ金融機関にお金を借りるというものではありません、

リバースモーゲージでお金を借りる金融機関に担保として、住宅を設定するのですが、その住宅の価格が融資極度額になります。

具体的にいうと、5,000万円の家を担保とした場合、利息を考慮しなければ、5,000万円まで融資を受けることができるということです。(融資極度額の見直しは各金融機関にてご確認ください)

リバースモーゲージのメリット

リバースモーゲージローンのメリットは2つあります。

毎月の返済は利息だけ

例えば、1,000万円を10年間、金利3%で借り入れたとすると、毎月の返済額は金利負担分の25,000円になります。

元金は借り主様がお亡くなりになった後、自宅の土地建物を銀行に渡すか現金で一括返済します。

資金使途が自由

例えば、リフォーム資金をリバースモーゲージで捻出し、退職金はできるだけ手元に残しておくという方もいらっしゃいます。

退職後は給与収入がなくなり、それまでに蓄えた現預金と年金で生活費をまかなうことが多いため、退職金をリフォーム資金に使うのではなく、ある程度支払い金利負担があっても、現預金を手元に確保しておきたいという考えがあったりします。

また年金額が比較的少額な方、手元現預金が少ない方のリフォーム予算捻出手法としてオススメです。

リバースモーゲージのデメリット

一見とても使いやすそうに見えるリバースモーゲージですが、絶対に覚えておきたいことが3点あります。

  • リバースモーゲージの利用可能年齢の多くは60歳以上80歳未満
  • 自宅の土地建物を担保にし、元金の返済をその売却資金で相続後(借主様がお亡くなりになった後)に行うため、自宅の土地建物を相続させることができなくなる
  • 利用できる地域は、首都圏、中京圏、近畿圏の都市部のみの場合が多く、地方郊外地域ではほとんど利用できません。

資金用途の範囲が広い一方で、上記の注意点があります。

取扱金融機関は?

都市銀行、信託銀行ではどこでも取り扱いがあります。

地方銀行でも首都圏や近畿圏の地銀では取扱を始める銀行が増えてきました。

特にリバースモーゲージに注力しているのは東京スター銀行でしょう。 お笑い芸人の綾小路きみまろさんを起用したCMをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

東京スター銀行の池袋支店・渋谷支店・新宿支店・日比谷支店・横浜支店・名古屋支店・梅田支店・福岡支店各店で取扱があります。

近隣に店舗がない場合は、0120-62-1027で電話問い合わせが可能ですので、リバースモーゲージの案件発生時には一度電話で問い合わせしてみることもできます。

まとめ

資金使途が自由なため、定年後に必要になるバリアフリー住宅への改修、老朽化した水回りのリフォームなど各種リフォーム予算に対応できることがリバースモーゲージの魅力です。

しかし、自宅が相続できなくなることは、重要なポイントになるでしょう。

リバースモーゲージのメリット・デメリットを正しく理解した上でのご利用をオススメします。

自宅の住宅ローンで計算してみる 住宅ローンを無料で相談してみる