お財布ピンチは不用品が救う! フリマアプリ&ネットオークションで、臨時収入を獲得しよう

LINEで送る
Pocket

一時的にお金に困ることは、誰にだって経験がありますよね。給料日まで銀行口座にほとんど残高がない人もいるでしょうし、残高があっても、むやみにお金をおろして使いたくないという人もいるでしょう。

そんな方に目を向けていただきたいのが、自分の家にある「不用品」。あなたにとっては不用品でも、他の誰かにとってはお金を払ってでも欲しいものかもしれません。

その不用品、ネットで売ってみましょう

不用品を近所のリサイクルショップに売る手もあります。しかし、相手は百戦錬磨の目利きです。あなたが、その物の価値をよくわかっていないことに乗じて、買い叩かれるかもしれません。大手チェーンだと、買取価格がシステム化されていたりもします。いずれにしても、高い値段で買い取ってもらうのは難しいです。

その点、一般人を相手にした売り買いなら、欲しい人が誰かひとりでも見つかれば、値段が付きます。インターネットなら、いつでもどこでも「これ、売ります!」と、大勢の人々へ向けて同時に呼びかけることができるのです。

では、インターネット上で自分の不用品を買ってもらうにはどうしたらいいのか。そんなときに手っ取り早く利用できるのが「フリマアプリ」と「ネットオークション」です。

フリマアプリとネットオークションの違い

「フリマアプリ」と「ネットオークション」は似たようなサービスですが、両者はルールが根本的に異なります。フリマアプリでは「売り手」が値段を決めるのに対して、ネットオークションは「買い手」が値段を決めます。

売り手の値付けがうまければ、すぐに買い手が見つかり、すぐにお金になるのがフリマアプリのいいところです。一方で、人気があって数量に限りがある品物なら、値段がどんどん吊り上がっていくのが、ネットオークションの魅力です。

また、利用者層も異なります。フリマアプリの利用者は、若年層、特に女性が多いですが、ネットオークションでは30代以上の男女が多数派です。

(参考)
メルカリは女子、ヤフオクは中年男性 比べてわかったフリマアプリ利用者の違い
すぐ売れる快感 男性人気も急上昇「メルカリ」の魅力

フリマアプリでよく売れるものは、実際のフリーマーケットやバザーで売られているものに近いかもしれません。洋服やベビー服、子供用品、食器や雑貨などの日用品、漫画本やゲームなどが、フリマアプリでは売りやすいようです。貴重ではないけれども、家にたくさん抱え込みがちな日用品がフリマアプリが向いているかもしれませんね。

ネットオークションでは、マニアックな商品やコレクターズアイテム、人気の限定品などを売りに出すと効果的です。オークションで競り合って、高く売れる品物ほど、効率よくお金に替えられます。

(参考)
オークションで売れるためには? 売れる商品を見つけるヒント集

「写真」「キャッチフレーズ」「梱包」の3つが重要

フリマアプリやネットオークションに出す品物を決めたら、次はその品をできるだけ魅力的に感じてもらうための工夫をしましょう。そのためには「写真」「キャッチフレーズ」「梱包」が重要と言われています。

・写真は「見栄えよく撮る」こと

ネットでの個人間売買で、写真の威力は絶大です。絶妙な角度や、清潔感のある背景を考えたり、照明を工夫するなどして、見る人の購買意欲を掻き立てるように工夫しましょう。ただし、画像の加工をしてしまうと、のちのちトラブルやクレームの元になりかねないので要注意です。

・キャッチフレーズは想像力を掻き立てるように

商品の魅力を短い言葉で伝えるキャッチフレーズは、場合によっては写真を超える威力を発揮するかもしれません。広告ポスターに書いてあるような、斬新なコピーは必要ありません。その品物を手に入れると、どんな良いことがあるか、どのように日常が変わるのか、どんな問題が解決するのか、人々に想像してもらえるような言葉を練ってみてください。

・梱包次第で出品者の評価が上がる

取引するのは不用品でも、せめて段ボール箱や緩衝材は新品のものを使って、ひとことメッセージカードを添えてみましょう。決して高い買い物ではありませんし、好印象を相手に与えて、出品者としての評価も上がります。

人気のフリマアプリをチェック!

フリマアプリはいくつかありますが、そのなかでも日用品や子供用品など、生活に密着したものを売るのに向いている代表的なものをご紹介します。

メルカリ

https://www.mercari.com/jp/

スマホでタップするだけで商品を出品したり購入できるので、若い世代に人気があるアプリ。業界最大手で、利用者が最も多く、良品が盛んに取引されています。買い手が見つかりやすいアプリですが、そのぶん手数料が10%と高めなので、ご注意ください。

フリル・ラクマ

楽天グループ系列の、手数料無料のフリマアプリです。利用者数はメルカリにかないませんが、たとえば数万円以上の高額商品を取引し、10%の手数料が痛く感じる場合には、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

【フリル】
https://fril.jp

【ラクマ】
https://rakuma.rakuten.co.jp

人気のネットオークションサイト

欲しがっている人が多いのに、なかなか市場に出回っていない品物を売るときは、ネットオークションが最適です。人気のプラットフォームサイトをご紹介します。

ヤフオク!

インターネットが普及しはじめた1990年代から存在するサービスなので、歴史が長く、出品者のために考え尽くされた機能が充実しています。売り手が価格を決める「フリマ出品」も可能です。

https://auctions.yahoo.co.jp/

モバオク!

出品手数料やキャンセル手数料が無料のネットオークションです。ヤフオク!と比較しても、出品者のメリットになる料金体系となっています。

https://www.mbok.jp

イーベイ(ebay)

世界中を相手にできるネットオークションサイトで、日本国内の日用品や限定品を売りやすいです。外国語でのやりとりに抵抗がない人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

https://www.ebay.co.jp

まとめ

身近な人が欲しがらない不用品でも、日本中、世界中に目を向ければ、欲しい人はきっといますし、仮にいなくても、出品は何度でもやり直せます。お金になるだけでなく、自宅から不用品がなくなることで、おうちの断捨離にもなるかも。この記事を参考に、フリマアプリやネットオークションサイトを活用してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket