家を買いたいけどどうすればいいの?

LINEで送る
Pocket

 「夢のマイホーム」「一国一城の主」

そんな言葉が溢れる中、家を買いたいと思い立ったはいいもののどうすればいいかわからない…と不安を感じると思います。ですが事前準備をしっかりとしておけば安心して家を買うことができます。

そこで今回は家を買うために準備すべきことをお話しします。

どういう暮らしをしたいかを考える

まずは家族で相談しましょう。「子供が安心できるような落ち着いたところで暮らしたい」「生活が便利な場所で過ごしたい」「安定した暮らしがしたい」など、人によって様々ですのでどんな暮らし方がいいのかきちんと話し合いましょう。事前に話し合っておくと家選びもスムーズに決まります。また、友人や同僚などに経験談・失敗談などを聞いておくと困った時のヒントにもなります。

どのくらいお金があるのかをチェック

次に準備すべきことは家計状況の確認です。家を買うときにかかる費用は物件価格だけでなく、数十万円もの手数料や数々の税金、保証料などの他にも家が傷んだ時に回す修繕費用の貯金も必要です。年収や月々に支払える返済の限度額などを確認し、入念な資金計画が重要です。

頭金を貯める

諸費用を除いた最初に支払えるお金を頭金と言いますが、頭金を用意すると金利が優遇されるなどメリットは多いためできるだけ用意しておくのが良いでしょう。確かに、頭金ゼロでも住宅ローンを組むことはできますがリスクが高すぎるのであまりオススメはしません。

まとめ

何千万円もする買い物だけに、入念に準備をしなければなりません。家を買うにはしっかりとした資金計画が必要です。しかし、税金などの必要な諸費用についてわからないことがたくさんあると思います。マイホームを買おうとしている皆さんのお役に立てるような情報をお届けしていきます。

LINEで送る
Pocket