もしも住宅ローン審査に落ちたら。審査に通るための対策と落ちたときの対処法

LINEで送る
Pocket

住宅ローンは、金融機関の審査に通ることで初めて借りられるものです。実は、住宅ローン審査に通らないというケースはめずらしくありません。審査に通らない多くの理由には「借り入れ金が収入に見合ってない」「個人信用情報にキズがある」などがあげられます。住宅ローン審査に通るための対策と、審査に通らなかったときの対処法についてまとめてみました。

住宅ローン審査に通らない人の特徴

住宅ローン審査でチェックされる項目は、「借り手の年齢」「勤務先」「雇用形態」「勤続年数」「年収」「預貯金などの資産状況」「担保となる物件の価値」などさまざまです。審査の基準は金融機関によって異なり、公表されていません。

住宅ローン審査に通らない人の特徴のひとつに、「返済負担率のオーバー」があります。返済負担率とは年収に対する年間合計返済額の割合を示すもので、規定をオーバーすると、審査には通りません。返済負担率は、自動車ローンや教育ローン、カードローンなど別のローンを返済中であれば、それらの返済額も合計した金額で審査されます。返済負担率は金融機関によっても異なりますが、一般的には30~35%程度です。

「個人信用情報にキズがある」というのも審査に通らない人の特徴です。金融機関は住宅ローン審査において、クレジットカードの利用履歴や他のローンの借り入れ状況、支払状況などの個人信用情報を確認します。スマートフォンを分割購入していればその代金の支払状況なども含まれます。うっかり延滞して滞納などといった履歴が残っていると、最悪の場合は審査が通らないこともあります。

住宅ローン審査は、返済負担率や借り入れ状況は支払い状況などから「借り手は確実に貸したお金を返済できる人物なのか」を調べられるというわけです。

審査に通るためにまずは身の回りのお金を整理

住宅ローン審査を通るために、住宅ローンを申込む前にできるかぎり身の回りのお金の整理をしておくことは大切です。

住宅ローン審査では個人信用情報が必ず確認されるので、消費者金融から借り入れている場合は早めに返済しておきましょう。金融機関によっては、消費者金融に借り入れがあるというだけで審査が通らないこともあります。

また、クレジットカードの返済も遅れないよう注意しておきたいところ。例え返済金額が数千円と少額でも、それが1回だったとしても延滞して滞納すれば履歴が残ります。

なかには、金融機関によって審査基準が異なるという理由から、いろいろな金融機関に住宅ローンを申込むケースが見られます。住宅ローンの申込履歴は金融機関で共有されるため、5行以上申し込むと金融機関から信用度が低い人と思われ、審査に影響する可能性があります。

住宅ローンを申込む前には消費者金融などの借り入れについては完済しておく、普段から借り入れの滞納がないようにするなど心がけておくことが大切です。

住宅ローンを借り入れすぎないようにする


住宅ローンは、金融機関から借りられる金額を限度額いっぱいに借り入れるのではなく、無理なく返済できるが金額かどうかをシミュレーションしておきましょう。

子どもがいるご家庭だと、将来、教育費がかかりだす時期に住宅ローンの返済が困難になるケースがあります。将来かかってくる大きなお金も考慮し、収入に見合った返済プランを立てることは重要なことです。借り入れの金額を抑えるためにも頭金を貯めておくことも必要です。

どのくらいの金額を借りればいいかを調べるには、金融機関のホームページにある住宅ローンシミュレーションサービスを利用してみるとよいでしょう。毎月の返済額から借入可能額の計算や借入金額から毎月の返済額を計算することもできます。借入可能額、毎月の返済額、金利、返済期間など条件を変えながら、将来大きくかかりそうな支出も考慮した上で無理なく返済できる金額を計算しましょう。

住宅ローン審査に通りやすい金融機関の検討も

地方銀行以外に「信用金庫」や「JAバンク」でも金利が低いプランがあります。

住宅ローンは、物件を提供している不動産会社で提携している住宅ローンの審査をすすめてくれますが、自分自身でも金融機関を探すことで、さらに良い条件で借り入れることができる最適な住宅ローンを見つけることもできます。

WhatzMoneyローン比較を利用して、お得な金融機関を検索するのもおすすめです。

もしも、審査に落ちてしまったら

金融機関は住宅ローン審査に落ちた理由は教えてくれません。理由がわからなければ対処のしようがありません。そんな場合はどうするといいのでしょうか。

思い当たる理由がなければ個人信用情報を開示請求してみましょう。個人信用情報を管理しているのは、「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」「JICC(株式会社日本信用情報機構)」「全国銀行個人信用情報センター」です。個人信用情報は窓口、ネット、郵送で申し込むなどで個人でも開示請求ができます。

ただし、原因がわかっても、どうしたらいいのかわからない場合は、住宅ローンに詳しいプロに相談することをおすすめします。

まとめ

住宅ローンは審査をする前に、今一度お金回りを整理してから住宅ローンの審査を申込むよう心掛けたいものです。とはいえ、住宅ローンの審査に不安がある人は少なくないでしょう。WhatzMoneyでは無料相談を承っているので、気になる方はぜひご相談ください。

プロフィール

今関 倫子 ファイナンシャル・プランナー
外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指す。資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。

LINEで送る
Pocket