親子ローンのメリット・デメリットまとめ。どんなケースで利用すべき?

LINEで送る
Pocket

「将来は親と同居して老後の面倒を見たい」あるいは「二世帯住宅を購入して子どもの家族と一緒に住みたい」という方も多いでしょう。そんな方にぴったりな住宅ローンが「親子リレーローン」。親子で協力して返済していくので「ひとりでは住宅ローンの返済が厳しい」「高齢のためローンが組みづらい」といった悩みも解消できます。

ここでは、親子リレーローンについてメリットとデメリットも見ながら、詳しく紹介します。

親子リレーローンってなに?

まずは、親子リレーローンの概要や審査内容、親子ペアローンとの違いなどを見てみましょう。

親子リレーローンの概要

親子リレーローンは、親子など親族のペアで同居のための住居の住宅ローンを組み、親から子へバトンタッチする形で2世代にわたって返済していく制度です。一般的には中高年の親と成人した子のペアで融資を受けます。

当初は親がローンの返済をしていき、親が定年退職したり高齢になったりした時点で、子が返済を引き継ぎます。住宅ローンは80歳までに返済を終える条件が一般的なため高齢の場合は長期のローンを組むことができません。しかし、親子リレーローンを利用することで、この問題を解決できるのです。

ちなみに、親子リレーローンは新築購入時だけでなく、借り換え、住み替え、リフォームなどにも柔軟に利用することができます。

親子ペアローンとの違い

親子で組むことができる住宅ローンには、親子リレーローン以外に「親子ペアローン」という制度もあります。こちらは親子が同時にローンを返済していくタイプです。

親子ペアローンでは2人の収入の合計を原資にできるので、融資可能な金額が大きくなります。親子どちらかの収入では住宅ローンの審査に通らないケースでも、ペアローンにすることでローンを組めることがあります。

親子で同時に返済していくので、短い期間で支払いを終えることができるのも特徴。ただし、親子どちらかの経済状況が悪化して支払い能力が無くなると返済が厳しくなるリスクもあります。

リレーローンは高齢でローンを組みにくいときや返済期間を長くしたい場合、ペアローンは収入が低くてローンが組めない場合やより大きなローンを組みたい場合、というように状況に応じて利用するとよいでしょう。

親子リレーローンの審査内容

親子リレーローンの条件や審査内容は、金融機関によって異なりますが、おおむね以下の通りです。

■直系の親族(親子、祖父と孫など)とその配偶者であること。
■「親子」が同居しているか、将来その予定があること。
■「子」の年齢は20歳以上で、完済時に80歳未満であること。
■「親子」両方が継続的な収入があり、それぞれ通常のローン審査で問題が無いこと。

親子リレーローンのメリット


親子でリレーローンを組む場合、どういったメリットがあるのでしょうか。主な3つのメリットを紹介します。

単独債務よりも選べる住まいが増える

親子の年収を合算した金額を借入れ時の資力として計算されます(金融機関によって異なり、子の収入の1/2を合算する場合もあります)。そのため、単独の場合よりも借入れ可能な金額が増え、選べる住まいの幅が広がります。

借入期間を長くできる

親子リレーローンは二世代での返済を前提としているため、借入れ期間を長く設定し返済額を無理の無い金額に低く抑えることができます。

借入期間が長い場合は、金利変動リスクの無い固定金利を選択するのが一般的です。特に現在は金利水準が非常に低いので、固定金利を選べば返済が終わるまで低金利の恩恵を受けることができます。

それぞれの負担割合に応じて住宅ローン控除を適用することができる

親子の両方が住宅ローン控除の適用を受けられ、所得税の負担を軽減できるのも大きなメリットのひとつ。住宅ローン控除は年末のローン残高が基準になるため、子の返済が始まっていない段階から親子ともに控除を受けられます。

このとき、控除の対象となるローン残高は負担割合に応じて、それぞれに割り当てられる金額になります。たとえば、合計のローン残高が4000万円ある場合、親が2400万円、子が1600万円などとなります。

ただし、気をつけなければいけないのは、住宅ローン控除は対象の住居に住み始めてから10年までしか控除が受けられないという点。そのため、子が自分の返済が始まった頃に申請しても、すでに対象期間が終わっていることも起こりえます。

親子リレーローンのデメリット

一見、メリットが多いように思える親子リレーローンですが、いくつかデメリットもあります。

親が亡くなっても債務が残る

一般的に住宅ローンを組む場合には団体信用生命保険(団信)に加入します。これは債務者がローン返済途中に死亡した場合、残債を保険金で帳消しにし、遺族に債務が残らないようにする制度です。

親子リレーローンの場合は、団信に加入するのは、最後まで返済に責任を持つ子の方であるのが一般的。そのため、親が予定している返済を終える前に亡くなったときには、残った債務を子が引き受けなければいけません。

相続のトラブルに発展しやすい

親子リレーローンの場合、住居は返済割合で持ち分を決め、親と子の共同保有にするのが一般的です(子の名義にすると、親の返済分が贈与税の対象になります)。そのため、親の保有分については、親の死後、相続の対象になります。

子が一人っ子なら問題はありませんが、他に兄弟姉妹がおり、親に住居以外の財産が無い場合は、相続を巡ってトラブルになる恐れがあります。

他の住宅ローンを新たに組むことが難しい

親子リレーローンでは、親子の両方が住宅ローンの債務者となります。そのため、ローンを完済するまで、子が新たな住宅ローンを組むことができません。

親子リレーローンに向いているケース

メリットやデメリットをふまえたうえで、どういったケースであれば、親子リレーローンが向いているのでしょうか。

同居中もしくは同居を考えている場合

親子で同居をしていたり、これから同居のための住居を建てようとしていたりして、一緒に住宅ローンを返済していきたい、というケースは親子ローンに向いています。

親もしくは子のみでは住宅ローンが組めない場合

理由があって住宅ローンが組めない場合に、親、または子が加わることによって、住宅ローンを組めるようにするためにも利用できます。たとえば、親が高齢で返済期間を十分にとれない場合や、子の収入が少なかったり、不安定だったりといった場合が該当します。

親子リレーローンへの不安を解消しよう


親子リレーローンを組むと決めた場合、デメリットをどのように解消すれば良いのでしょうか。

親が健康であれば、掛け捨てタイプの割安な生命保険に加入しておく

親子ローンのデメリットとして、親が予定の返済を終える前に亡くなってしまったときに、大きく返済計画が狂ってしまうことが挙げられます。

その場合は、団信の代わりに掛け捨てタイプの割安な生命保険に加入することで、まさかのときに保険金で残債を返済するようにしましょう。

ただし、大きな病気を経験していたりすると生命保険に加入できなかったり、保険料が高くなってしまうことも。その場合は、保険に加入するより保険料相当の金額を預金などの形で貯えた方がよいかもしれません。

セカンドハウスローンを利用する

将来は二世帯同居を予定していていも、仕事の都合でいますぐ同居できない場合もあります。また、孫も含めた三世帯同居を考えると大きな住居が必要になってしまうので、孫が独立するまでは別に住居を構えるのも選択肢のひとつ。そうした際に、新たに住宅ローンを組むことができないのが親子ローンのデメリットです。

その場合は、セカンドハウスローンを利用すれば住宅ローンとは別にローンを組むことができます。しかし、本来は別荘購入のためなどの商品なので、金利は3~4%と一般の住宅ローンと比べると金利が高いので注意が必要です。

家族でよく話し合う

相続トラブルにならないためにも、事前に家族で話し合っておくことが大切。相続だけでなく、親の老後の世話や介護なども含めて、どのように対応するのかを整理しておくとよいでしょう。

場合によっては、他の兄弟姉妹に相続放棄を求めたり、遺言書を作成しておくということも必要かもしれません。自分たちで話し合うのが難しい場合は、専門家に依頼するのもひとつの手です。

親子リレーローンを長寿社会の強い味方に

住宅の購入は一生ものの買い物。その分、ローンの金額も大きくなりますが、親子で協力をすることで返済の負担や不安を軽くすることができます。これからの日本はいっそう長寿社会が進むため、将来の介護を意識して親との同居を考える人が多くなると思いますが、そうしたときこそ親子ローンを検討してみるとよいでしょう。

ただし、通常の住宅ローンと比べても、制度はより複雑で返済期間も長期になります。親子リレーローンのメリットやデメリットなども事前によく整理して、問題をクリアにしておくことが大切です。

LINEで送る
Pocket