親子ペアローンってどんなローン?メリット・デメリットを徹底解説

LINEで送る
Pocket

二世帯住宅を建てて親と同居することは、子世帯にとって、最大の親孝行のひとつかもしれません。可愛い孫とつねに顔を合わせられる、両親の表情を見ているだけで、幸せを感じられるでしょう。できるだけ希望どおりの二世帯住宅を建てたいと願うのなら、住宅ローンを組む際は「親子ローン」を検討するだけでなく「ペアローン」という選択も有効です。ここでは「親子ペアローン」の基本と、長所や欠点について解説しています。

親子ペアローンとは

「ペアローン」とは、身内で協力し合いながら、住宅ローンを複数組むことによって、単独の契約者では金融機関に断られるような金額や、有利な条件で融資を受けることをいいます。

同様に、身内で協力しながら住宅ローンを組むときに「収入合算」という方法があります。1本の住宅ローンを組み、収入のある複数の家族で年収額を合計した額を基準にして、融資を申請する方法です。ひとりだけの収入ではそもそも融資がおりない場合に、複数人が協力し合うことで、1つの住宅ローンの融資を実現させることができるというわけです。

一方で、ペアローンは、身内がそれぞれ単独で住宅ローンを組むだけの資力がある場合の話となります。ひとりだけでも住宅ローンを組むことは可能だけれども、身内が複数の住宅ローンを組んで協力し合うことで、さらに大きな額の融資を引き出し、よりよい物件の購入を目指そうとする方法です。

つまり、二世帯住宅を購入する際に、親世帯からも経済的な協力を得られる場合は、「親子ペアローン」を選択することができるというわけです。

親子リレーローンとの違い

二世帯住宅を購入する際に、親子ペアローンとともに検討されることが多いのが「親子リレーローン」です。

親子リレーローンとは、まず親世帯が住宅ローンの主たる契約当事者となり、さらに子世帯をその住宅ローンの「後継者」に据えることで、融資が下りやすくすることをいいます。親から子へ返済責任を引き継ぐので「リレー」と名付けられているのです。

親世帯は、すでに年金生活を送っていたり、働いていても収入が低減していたりするために、相当額の資産があっても住宅ローンが下りにくい課題があります。そこで、労働の現役世代で、十分な安定収入がある子世帯が、住宅ローンの返済の跡継ぎとなることを約束することによって、信用を補強しようとするわけです。

親子ペアローンと親子リレーローンの違い

 親子ペアローン親子リレーローン
住宅ローン契約数2本1本
返済時期親子が同時期に返済初めは親が返済し、子に引き継ぐ
団体信用生命保険親子ともに加入子のみが加入
住宅ローン控除持ち分に応じて2人とも適用持ち分に応じて2人とも適用

親子リレーローンは、1本の住宅ローンをまず親が返済し、高齢などの理由で返済能力が失われた場合に子世帯が引き継ぐものです。

また、死亡や深刻な身体障害などがあり、返済不能になった場合には、ローン残債をすべて保障する「団体信用生命保険」は子世帯のみが加入するのも、親子リレーローンの特徴。もし、親世帯の主債務者に死亡や深刻な身体障害などの事情が生じた場合に、子世帯がローンを引き継ぐことが前提の契約だからです。

親子ペアローンの場合は、1つの住宅のために、親子で2本の住宅ローンを並行して組み、並行して返済します。そのため、親子それぞれが団体信用生命保険(団信)に加入できるのもポイントです。

親子ペアローンのメリット


親子ペアローンの最大のメリットは、親世帯に十分な収入がある場合に、子世帯と協力し合うことで、全体として大きな額の融資を得られる可能性が高まる点です。

また、親子それぞれが団信に加入できることも大きなメリットです。そのため、親世帯の主債務者に返済不能の事情が生じた場合には、親世帯が組んだ住宅ローンを子世帯が肩代わりする必要はなくなりますので、ローン残債は減額されます。

子世帯は、自らのローンのみを引き続き返済すれば足ります。結果として、親子リレーローンよりも総返済額を抑えられる可能性もあるのです。

また、親子それぞれが住宅ローン控除によって節税を受けられることも、親子ペアローンならではのメリットといえるでしょう。

親子ペアローンのデメリット

親子ペアローンのデメリットは、2本の住宅ローンを組むことに直結します。つまり、親子世帯が双方とも審査に通過しなければ実現しない点や、ペアローン契約時の手数料などのコストが倍の負担となる点です。

また、より大きな融資を実現できることから、必要以上に限度いっぱいまで借りてしまい、返済中の思いがけない収入源などの事情によって、ピンチに陥るリスクもあります。親子ペアローンの利用は慎重に検討しなければなりません。

さらに、金利面で有利な他の住宅ローンに借り換えたり、子世帯の住宅ローン1本にまとめたりするときに、親子ペアローンを組んでいる場合は審査が厳しくなります。。たとえ1本にまとめることができて親世帯が返済を免れたとしても、それが子から親への「贈与」とみなされ、贈与税が課されることもありえます。

こんなときは親子ペアローンを選ぼう

メリットとデメリットをふまえたうえで、親子ペアローンを選択した方がいいのはどういったケースでしょうか。

親子ともに安定した収入が見込める

親子ともに安定した収入を確保できていて、借り入れ可能額を増加させたいときは、親子ペアローンを組むことを目指してみましょう。

希望の立地で大きな二世帯住宅を建てたい

二世帯住宅に十分な広さを確保したい、あるいは都市部など地価が比較的高い場所を選んで建てたい場合は、親子ペアローンを組めると有利になります。

まとめ

親子でペアローンを借りるによって、希望どおりの二世帯住宅を手に入れる夢も実現できます。ただし、一定のリスクやデメリットがあることもお忘れなく。住宅ローンを組む際には、親子で慎重に相談し、検討するようにしたいものです。

LINEで送る
Pocket