すまい給付金をもらいたい!いくらもらえるの?どうしたらいい?

LINEで送る
Pocket

住宅ローン減税を補完する形で創設された「すまい給付金」。「すまい給付金」を聞いたことはあっても、どのくらいもらえるのか?どうやったらもらえるのか?わからない方も少なくないと思います。そこで今回はすまい給付金はいくらもらえるのか?どうやったらもらえるのかについてまとめました。

すまい給付金がもらえる条件は?

まず、すまい給付金がもらえる条件について、みていきましょう。「住宅ローンを借りて買うのか、現金で買うのか」「新築住宅を買うのか、中古住宅を買うのか」で条件が変わってきます。以下では、住宅ローンを借りて新築住宅を買う場合、住宅ローンを借りて中古住宅を買う場合を説明していきます。

住宅ローンを借りて新築住宅を買う場合

1. 年収がおおよそ510万円以下であること

年収がおおよそ510万円以下の場合、すまい給付金がもらえる条件に該当します。ただし、年収510万円以下というのは、主婦(妻は収入なし)及び中学生以下の子供が2人の世帯の夫の収入額の目安です。家族構成によっても年収基準は前後しますので、注意が必要です。

2. 床面積が50平米以上の住宅

ここで言う床面積とは「登記簿記載上の床面積」のことであり、販売資料や契約書に記されている床面積のことではないことに注意が必要です。住宅を取得する際、登記簿に記載されている床面積を確認しておくことが重要です。わからない場合は不動産会社に確認してみましょう。

3. 第三者の現場検査を受け一定の品質が確認された住宅

次のいずれかの検査や品質確認が確認されていることも必要です。これらの検査や確認は家を建てる工事の前に検査の申し込みが必要ですので注意してください。

  • 住宅瑕疵担保責任保険(建設業許可を有さないものが加入する住宅瑕疵担保責任任意保険を含む)へ加入した住宅
  • 建設住宅性能表示を利用する住宅
  • 住宅瑕疵担保責任保険法人により保険と同等の検査が実施された住宅

住宅ローンを借りて中古住宅を買う場合

1. 年収がおおよそ510万円以下であること

新築住宅を買うときと同じ年収基準があります。

2. 床面積が50平米以上の住宅

こちらも新築住宅を買うときと同じ基準があります。

3. 第三者の現場検査を受け一定の品質が確認された住宅

次のいずれかの検査や品質確認が確認されていることも必要です。中古住宅の購入時に不動産会社に確認すれば、すぐにわかります。

  • 既存住宅売買瑕疵保険へ加入した住宅
  • 既存住宅性能表示制度を利用した住宅(耐震等級1以上のものに限る)
  • 建設後10年以内であって、住宅瑕疵担保責任保険(人の居住の用に供したことのない住宅を目的とする住宅瑕疵担保責任任意保険を含む)に加入している住宅又は建設住宅性能表示を利用している住宅

4. 不動産会社(=宅地建物取引業者)から買う中古住宅

不動産会社(=宅地建物取引業者)から買う中古住宅が対象になります。親族や知人などの個人から買う中古住宅は対象外になりますので、注意してください。

いくらもらえるの?

給付額は最大30万円ですが、条件によって20万円または10万円になる場合もあります。いくらもらえるかは次の計算式によって決まります。

もらえる金額 = 給付基礎額 × 持分割合

聞きなれない「給付基礎額」「持分割合」をわかりやすくまとめました。

給付基礎額って?

住民税の所得割額によって決められるすまい給付金でもらえるお金の基準額のことです。

住民税の所得割額というのも聞きなれない言葉ですが、ここでは所得割額を細かく説明するのではなく、年収によってだいたいどのくらいの住民税の所得割額がかかるのか?それによって、どのくらいのすまい給付金がもらえるのか?をまとめます。

年収の目安 住民税の所得割額 給付基礎額
425万円以下 6.89万円以下 30万円
425万円超 475万円以下 6.89万円超 8.39万円以下 20万円
475万円超 510万円以下 8.39万円超 9.38万円以下 10万円

※神奈川県は他の都道府県と住民税の税率が異なるため、年収額の目安は同じですが、所得割額は上表と異なります。ちなみに、住民税の所得割額は市区町村が発行してくれる「課税証明書」に記載されている住民税の所得割額で確認することができます。

持分割合って?

持分割合は買った住宅の所有権の割合のことです。例えば、3,000万円の住宅を夫が1,500万円、妻が1,500万円ずつ住宅ローンを借りて買った場合(このような借り方を「ペアローン」といいます)、住宅の持分は夫、妻それぞれ二分の一ずつとなります。

このように夫婦それぞれに所有権がある場合、夫も妻もすまい給付金が受け取れます。国土交通省のすまい給付金サイトでシミュレーションができますので、自分の年収や家族構成ではいくらもらえるのかを計算してみたいときに利用しましょう。

すまい給付金シミュレーション

どうやって申請するの?

「自分で申請するやり方」と「不動産会社に申請を任せるやり方」があります。それぞれみていきましょう。

自分で申請する

買った家に住み始めてから申請ができます。申請の期限は家を買ってから1年3ヶ月以内ですので、期限が過ぎないように注意しましょう。

申請のやり方は2つあります。

  1. すまい給付金申請窓口に申請書を持参する
  2. 郵送で申請する

申請窓口に持参する場合

申請窓口に申請書や確認書類を持参します。申請書は新築住宅の場合と中古住宅の場合で違う書類になります。

新築住宅を購入した方はこちら(新築住宅)

中古住宅を購入した方はこちら(中古住宅)

申請に必要な確認書類の案内も申請書ダウンロードページの下部にあります。確認書類も新築住宅か中古住宅かなどで変わるのでご注意ください。

申請窓口はこちらのすまい給付金 窓口検索で近くの窓口を探しましょう。それほど窓口の数が多くはなく、事前予約制となっていますのでご注意ください。

郵送で申請する場合

窓口申請と同じように申請書をダウンロード・記入し、申請に必要な確認書も同封の上、次の「すまい給付金申請係」まで郵送します。

郵送先
〒115-8691
赤羽郵便局 私書箱38号 すまい給付金申請係

郵送時の注意点などはすまい給付金サイト 郵送での申請をご確認ください。

不動産会社に申請を任せるやり方

すまい給付金の申請も給付金の受け取りも不動産会社に任せるやり方があります。これは「代理受領」と呼ばれ、詳しくはすまい給付金サイト 代理受領についてをご確認ください。

不動産会社の状況によっては受けてくれない可能性があるので、まずは不動産会社の担当者に「すまい給付金の代理受領をやってもらえるか?」を確認してみましょう。

「そもそも給付金をもらえるの?」「手続きの仕方がわからない!」困ったときは…

制度内容や申請方法については電話問い合わせ窓口 0570-064-186 または 045-330-1904(携帯からはこちら)で問い合わせすることも可能です。(電話の受付時間は9:00-17:00)

対面で説明を聞きたい場合は、全国各地のあるサポートセンター窓口に行ってみましょう。事前予約制なので、窓口に行く前に各サポートセンター窓口に電話予約が必要です。

すまい給付金サポートセンターを検索

いつもらえるの?

申請書類に不備等がない場合、申請書類の提出からおよそ1.5カ月から2カ月程度で申請者に給付金が支払われます。給付金としてはかなり早めのもらえる部類になります。家を買ったあとは何かと入り用だと思いますので、有効に使いたいですね。

まとめ

今回はすまい給付金についてまとめました。もらえる金額が数十万円にもなる制度なので、手続き漏れがないようにしたいものです。

LINEで送る
Pocket