全期間固定金利って?メリット・デメリットまとめ

LINEで送る
Pocket

住宅ローンを借りる時、仮審査やシュミレーションをしましたか?その時、金利タイプを選びましたよね。全期間固定型、固定期間選択型、変動型と3つあって、どれを選んだら良いか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はその3タイプの1つである「全期間固定金利型」についてまとめました。

全期間固定金利型とは

「全期間固定金利型」とは、住宅ローンを支払っている間、金利がずっと固定されていて、返済額が変わらない住宅ローンのことを言います。そこで今回は、全期間固定金利型のメリットとデメリットをまとめました。

全期間固定型の金利のメリット

①金利が上がらない

変動型の金利を選ぶと市場の影響で金利が上がる可能性がありますが、全期間固定金利型では住宅ローンを返し終わるまで、金利が一切変わりません。

②金利が安定しているので、将来の見通しもつきやすい

金利が上がったり下がったりする可能性があると、将来どうなるかがはっきりとわかりにくく、どのようにお金を使っていけばいいか不安になる方もいるのではないでしょうか。全期間固定金利型だと、金利がずっと変わらないため、毎月やボーナス返済額が変わりません。返済額が変わらない安心感があれば、将来どれくらいのお金が使えるのか見通しがつきやすくなりますね。

③未払い利息が発生しない

変動型の金利だと、元本の返済が遅くなるという『未払い利息』が発生する可能性があるのですが、固定型の金利だと金利がずっと同じでなのでそうなる心配もないです。

全期間固定型の金利のデメリット

①他の金利タイプに比べて金利が高い

一般的に全期間固定金利型の金利は、変動金利型の金利に比べ、2倍くらい差があります。そのため、全期間固定金利型と変動金利型の総支払額を比較すると、数百万円、場合によっては一千万円以上の差がでることがあります。全期間固定金利型を検討するときには、変動金利型と比べて総支払額がどの程度多くなるのかを事前にシミュレーションして、検討しましょう。

②金利が下がらない

変動金利ですと、市場の影響を受けて金利が下がる可能性があるのですが、全期間固定金利型の場合は市場の金利が下がっても、借りている住宅ローンの金利が下がるということはありません。

ここまでメリット・デメリットを見てきましたが、変動金利型や固定金利選択型金利と比べて安定していて、将来の不安を抱えることがすくなくなるようなものですが、金利はその分高くなってしまうということがわかりましたね。

全期間固定型の金利を選ぶ人へ

全期間固定型の金利の特徴がわかったところで、この金利が向いている方は…

1.金利を気にしなくていい方

2.安心して将来を設計した方

3.投資や資産運用も行なっているため、住宅ローンの返済額はハッキリさせておきたい方

これのどれでも当てはまる方は一度、全期間固定型の金利で仮審査などをしてみてください。長期固定金利のフラット35ですと、多くの金融機関でご利用になられますので、 そちらも検討してみるといいかもしれません。

WhatzMoneyでは簡単に、保証料も含めた初期費用・総返済額・毎月の返済額が分かります。

次の4つの項目を入力するだけで、すぐに結果が表示されます。

  1. 希望するマイホームの価格
  2. マイホームの都道府県と市区町村
  3. 頭金はいくらくらいか
  4. 住宅ローンをどれくらいの期間で返済したいか

まだ具体的な希望が決まっていない方も、だいたいどれくらいの返済額になるのか分かると住宅ローンについて考えやすくなると思います。

ぜひ、ご利用ください。

さっそく検索する

LINEで送る
Pocket