NISAとつみたてNISA(積立NISA)の違いを解説!有利なのはどっち?

LINEで送る
Pocket

2018年よりスタートする「つみたてNISA(積立NISA)」と2014年よりスタートした「NISA」。「いったい何が違うの??」という疑問をお持ちの方も多いと思います。

今回は似て非なる「NISA」と「つみたてNISA」の違いと、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

積立NISAについては「積立NISAは金融機関がイヤがる制度!? 特徴と注意点をまとめてみた」の記事もご覧ください。

NISAとつみたてNISAの共通点は?

まずは「NISA」と「つみたてNISA」の共通点をご紹介いたします。

「NISA」と「つみたてNISA」はともに、一定金額の投資で得られた収益を、本来かかる税金(約20%)を一切徴収しない、非課税の投資積立制度です。

少子高齢化による年金不安が叫ばれ続けている現状を打破するための対策の一環として、「自分自身で運用して、老後資金を確保してください。運用の結果については政府は責任持てないけど、代わりに一定額までなら税金を免除します」というのがこの制度の趣旨です。

「NISA」も「つみたてNISA」も始め方はとてもシンプル。金融商品を取扱いしている銀行・証券会社などで「NISA」「つみたてNISA」の専用口座を開設手続きを行い、後はその口座に入金し、金融商品を売買するだけで始めることができます。

なお、重複して口座開設するなどを防ぐために基本的にマイナンバーの提出が必要であるという点と、「NISA」「つみたてNISA」は併用できないという点にご注意ください。

NISAとつみたてNISAは「期間」と「積立可能総額」が違う

ここからは、「NISA」と「つみたてNISA」の違いを説明します。

まず、NISAは年間120万円を上限に5年、ロールオーバーと呼ばれる期間延長制度を使うことで最大10年運用が可能です。

NISAの場合、年間120万円ですので10年間で最大1200万円分の証券運用に対する利益に対して非課税となります。月額に直すと10万円ですので、貯金などがほぼ0円の状況から始めるのはやや厳しいかもしれません。ある程度余裕がある家庭でないと十分に年間の非課税投資枠を活かしきれず、一部の非課税運用枠にロスがでてしまうというのがネックです。

それに対し、積立NISAは年間40万円を上限に20年最大800万円分を非課税運用することができます。40万円を月額に直すと約3万円ですので、貯金がない家庭でも無理なく積立運用ができるのです。

ただし、ロールオーバーを行わないNISA運用の場合は総額が600万円ですのでつみたてNISAのほうが総額は有利ですが、ロールオーバーを行ってNISAを利用する場合、つみたてNISAのほうが運用総額は少なくなるというデメリットが存在します。

NISAとつみたてNISAの総額明暗を分ける「ロールオーバー」とは??

NISAの場合、ロールオーバーを行うことで「運用総額」が変わります。では、この「ロールオーバー」とは何なのでしょうか?

ロールオーバー(Rollover)とは日本語訳で「乗り換え」を意味します。金融用語においては「一定期間を経過すると、いったん金融商品を損益確定してロールオーバー(乗り換え)をする」という場合に、短く「ロールオーバー」と表現します。

NISAの場合、いったん購入した金融商品を保有・運用し続けられるのは最長で「5年」です。ただし、この「5年」が経過した時点でいったん損益を確定し、金融商品を乗り換える・再投資を行うことができます。そうやって非課税枠を再利用するのがNISAにおける「ロールオーバー」です。

上記では「NISAは最大10年」となっていますが、「投資した商品を持ち続けられるのは最大5年」ということになるわけですね。

つまり、5年という中期運用を行うの前提で金融商品を持つのなら、非課税総額が大きいNISAに、最大20年という長期間で買い替えなども行わずじっくりと運用をするならばつみたてNISAに軍配があがる、ということになります。

どちらの制度を使うのかを決定する指標の一つとして、ぜひこの「ロールオーバー」制度を抑えておきましょう。

投資選択肢が多いのはNISA・投資家に有利な商品だけ集めたのが積立NISA

「NISA」と「つみたてNISA」の最大の違いは「投資できる商品の種類」です。

NISAの場合、口座を開いた金融機関が取扱っている金融商品であれば、株・投資信託・ETFなどどんな商品を購入しようともほぼ例外なく無制限に「非課税運用」が可能です。

それに対して、つみたてNISAは、金融庁が一定の基準を設け、「購入者(投資家)が長期的に資産形成をできる設計になっている商品」のみが売買対象となります。

見方を変えるなら、つみたてNISAで売買できる商品は相対的に「有利」で「手数料が安い」ものばかりが集まっており、非常に安定性がある、ということになります。

その一方で、資産運用というのは「期待利益=リスク」ですので、「ハイリスクハイリターンで運用を行い、その収益を非課税にしたい」場合、自由に金融商品を選べるNISAを選択することになります。

どちらの考え方が正しいか、というのは一概に言えず、最終的には投資家の皆様の「好み」や「投資の目的」によってどちらを選択するかが決まります。

以上がNISAと積立NISAの違いです。

一概に「どちらのほうが有利」というものではなく、「何をしたいのか」によって選択は変わってきます。本記事をご参考に、ぜひとも最適だと思われるほうをご選択ください!

LINEで送る
Pocket