サラリーマンでも確定申告でメリット大!? 得する場合を覚えておこう

LINEで送る
Pocket

サラリーマンだと、年末調整をしているから確定申告は関係ないと思ってしまいがち。しかし、サラリーマンであっても確定申告をすることで大きなメリットがある場合も多いのです。そこで今回は、サラリーマンでも確定申告をすることで得られるメリットをご紹介します。

確定申告ってどういうもの?

そもそも、確定申告ってどういうものでしょうか。サラリーマンは、あまり確定申告をする機会がなかったかもしれないので、詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

「確定申告」とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得と、それにかかる税金を計算して申告することを言います。本当に納めなければならない税金と、源泉徴収されていた分や予定納税で先に納めていた分の過不足を清算します。

会社に勤めている人は年末になると「年末調整」をしていますよね。年末調整も、所得税を確定させてその過不足を清算します。年末調整の書類を書くと、お金が戻ってくるというイメージが強い人も多いでしょう。年末調整は、会社が従業員の給料からおおまかに計算して徴収していた所得税について、会社が代わりに清算してくれます。従業員は書類を書くだけでいいですよね。

一方で、確定申告は会社がやってくれるものではありません。会社に勤めているか勤めていないかにかかわらず自分で行う必要があります。給与所得だけでなく、贈与税や株や投資信託で儲けた譲渡所得などがある場合は、さまざまな税金を自分で確定申告しなければなりません。

また、確定申告では青色申告と白色申告の2種類があります。この2つの最大の違いは、控除額です。青色申告は、複式簿記という帳簿のつけ方で帳簿を作成すると、所得金額から65万円を控除することができるのです。ほかにも、3年間は赤字を繰り越せたり、家族に支払った給与を経費に計上することができたりというメリットがあります。

白色申告の場合は、帳簿が簡易的なものでもいい代わりに特典となるような控除はありません。

サラリーマンは原則「確定申告不要」。しかし必要となる場合も

上述の通り、サラリーマンは原則「確定申告」は不要。しかし、サラリーマンでも確定申告が必要な人がいるのです。

たとえば、下記の条件に当てはまる人は確定申告をする必要があります。

・年間収入金額が2,000万円を超える人
・1カ所から給与をもらっている人で、給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人
・2カ所以上から給料をもらっていて、主な給料以外の給与金額と給与所得と退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
・オークションやフリマなどの副収入が20万円を超える人
・医療費控除や住宅ローン控除(1年目のみ)などの控除を受ける人
・ふるさと納税をしている人

このほかにも、株や投資信託などで副収入を得ている人や退職後再就職しておらず、年末調整が受けられない人なども対象となります。

こんなサラリーマンは確定申告するとメリット大


サラリーマンには関係ないと思ってしまいがちな確定申告ですが、実は確定申告をすることでさまざまなメリットを受けられる人がいるのです。

年間で支払った医療費が10万を超える場合

1年間で多くの医療費を支払った人は確定申告によってメリットを享受することができます。「医療費控除」と言い、年間で支払った医療費が10万円を超えると納めた税金の一部がもどってきます。しかも、自分に医療費だけでなく、生計を一にする配偶者や親族のために支払った医療費も計算対象となります。自分や家族のために10万円を超える医療費を支払った、という人はぜひ確定申告してくださいね。

住宅を購入するときに住宅ローンを組んだとき

住宅を購入した人も、住宅ローン控除が受けられるため、確定申告により税額負担が軽減されます。しかも住宅ローン控除を受ける場合は、1年目だけ確定申告が必要であり、2年目以降は年末調整で手続きが完了となるため、やっておいたほうがおトクです。多少手続きが煩雑ではありますが、やっておいて損はありません。住宅ローン控除は、金額が大きいうえに最大10年にわたり控除が受けられます。2年目以降は年末調整の紙と一緒に決められた書類を提出するだけで済みますし、確定申告が面倒に感じてもやっておくべきでしょう。

年末調整後に結婚した場合

ほかにも、年末調整の後に結婚した人の場合も税負担が軽減されます。というのも、それまでは適用されていなかった配偶者控除が適用されるためです。ただし、配偶者にその1年間で103万円以上の収入がある場合は、そもそも配偶者控除の要件を満たしていないので配偶者控除が受けられません。そこには注意が必要です。

まとめ

サラリーマン生活をしていると、年末調整の紙を書いて数か月後に税金が戻ってくるというくらいの認識しかありませんよね。しかし、確定申告することによってサラリーマンでもお金が戻ってくることがあるのです。年末調整だけでは受けられない控除もありますし、控除の金額もバカにできないくらいの金額になることがあります。

確かに、最初は確定申告に手間取って面倒に感じることもあるかもしれません。しかし、1回自分で手続きをやってみると、次からはやるべきこともわかってきて、かなりラクになります。最初だけだと思って頑張って確定申告をしてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket